無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

🥀 第 19 話
🥀  陸  Side



PTSDとパニック障害 。



どっちも聞いた事がある病気だった 。



その2つの病気を 、彼女が抱えていると知って 、



あの日 、渋谷で感じた違和感がこの病気のせいだと理解できた 。


川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
先輩にも話したと思ってたんすけど 、勘違いでしたね 、笑


壱馬とは 、同じ大学で同じサークルだった 。



人懐っこく 、いつも俺を慕ってくれた 。



可愛い弟みたいに思ってたから 。


青 山 陸
青 山 陸
お前 、割としっかりしてんだね 、笑
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
なんすかそれ !笑


俺らの代にとっては弟的存在で 、可愛がられていた壱馬 。



あの笑顔の裏には 、苦労もあったのかな 。


❤︎
❤︎
私のせいで 、いつもお兄ちゃんはこの位の時間には帰ってこなきゃいけないし …
あ 、私は大丈夫って言ってるんですけどね … 笑
❤︎
❤︎
私の為に 、お兄ちゃんが我慢するのは嫌なのに … 笑


必死に笑顔を作る彼女の言葉は 、



俺の心に深く刺さった 。

川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
なんかすいません 、こんな重い話で 、笑
でもまああなたも少しずつ回復してますし 、
大丈夫なんで ! 気にしないでください !
❤︎
❤︎
本当に 、この前はありがとうございました 。
陸さんが居なかったら 、私どうなってたか分からないし 。


あの日の事を思い出したのか 、



彼女の肩に力が入るのが分かった 。

青 山 陸
青 山 陸
全然 ! 見つけられてよかった 。
まさか壱馬の妹だったなんてね 、本当びっくり 、笑
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
本当に 、ありがとうございました !


最近よく聞く病気だけど 、



俺には病気の名前と 、なんとなくの知識しかない 。

青 山 陸
青 山 陸
壱馬 、
何が出来る事あったら 、いつでも言えよ ?
お前が家空けなきゃいけない時とか 、
あなたちゃんのSPでもなんでもするからさ 、笑


あの日 、彼女に抱いた感情が 、



自分自身でも 、よく分からなかったけど 、



今日 、こうしてもう1回会えて 、



はっきりした気がした 。