無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

🥀 第 31 話


🥀 壱馬 Side





陸さんからLINEが来て 、




何かと思って見てみたら 、




" ごめん 、あなたちゃん 、傷付けちゃったかも "




その一言だけ 。




なんの事だか全く状況を掴めない俺は 、




陸さんに電話をかける 。


青 山 陸
青 山 陸
… もしもし


呼び出し音が鳴ってすぐ 、陸さんが出た 。


川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
あ 、陸さん 。
LINE見ました 、なんかあったんすか ?
青 山 陸
青 山 陸
ごめん俺 … あなたちゃんの事 …
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
… わかりました 。
俺からも連絡してみるんで 、陸さん気にしないでくださいね 。


事情を全部聞いて 、電話を切るとすぐにあなたに電話をかける 。




だけどあなたは 、何回電話をかけても出てくれなくて 。




すぐに帰って様子を見たいけど 、




そんな簡単に帰れる場所でもなくて 。




何度もあなたの電話を鳴らした 。