無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🥀 第 9 話
❤︎
❤︎
あ 、そうだ 、明日私お出掛けするから !
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
え ? どこに ?
❤︎
❤︎
友達と渋谷 !
どう ? なんか普通の女の子って感じでしょ ? 笑



明るく話してはいるし 、



楽しみなんだけど 、



ちょっとだけ不安な自分も居る 。


川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
え ? 渋谷 ?
大丈夫かよ 。
❤︎
❤︎
大丈夫だよ !
友達も居るし ! 心配しないで !
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
まあ 、あなた がそう言うならいいけど 、
なんかあったらすぐ連絡しろよ ?



" なんかあったらすぐ連絡しろよ "



その言葉でだいぶ安心できる 。



お兄ちゃんは魔法使いみたいだ 。


❤︎
❤︎
うん ! ありがとう !



この時私は 、



渋谷で大変な目に合うなんて 、



思ってもみなかった 。



それと同時に 、



私の運命が大きく動き出す事も 、



まだ知るはずもなかった 。