無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🥀 第 11 話
❤︎
❤︎
あなたは誰 …… ?
目の前で優しく微笑む男の人に 、



恐る恐る問い掛けた 。



もしかして 、知ってる人 ?

青 山 陸
青 山 陸
あ 、ごめんね 。
俺は青山陸 、ただの通りすがり 。


_____ 青山陸



この辺に住んでる24歳らしい 。

❤︎
❤︎
あの … ありがとう…ございました
青 山 陸
青 山 陸
いいえ 。
なんか騒いでるなって思ったらとんでもない事になってたからさ 、黙ってられなくて 。


そう言って微笑む男の人 …



陸さんは 、



私の今までの男の人のイメージと全然違ってた 。

青 山 陸
青 山 陸
これから予定あるの ?
帰るなら送ろうか ?


こんな事言われて 、



下心を全く感じないのはどうしてだろう 。

❤︎
❤︎
いや 、友達と待ち合わせしてるので …
大丈夫です 、ありがとうございます 。
青 山 陸
青 山 陸
そっか 、なら安心だね 。
夜になってくると変な奴も増えてくるから帰り気を付けてね 。
❤︎
❤︎
ほんとに 、ありがとうございました


陸さんと別れて 、ハチ公前に戻ると 、



既に友達は着いていて 、



その後は何事もなく 。



陸さんが助けてくれなかったら 、



今頃どうなってたんだろうって思うと 、



怖くて震える 。



きっともう会う事がない陸さんは 、



今までに見た事がないくらい 、



とっても素敵な人だった 。