無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

🥀 第 23 話
青 山 陸
青 山 陸
お邪魔しま 〜 す 。


昨日お兄ちゃんが言っていた通り 、




陸さんが来た 。


❤︎
❤︎
すいません 、散らかってて 。
青 山 陸
青 山 陸
全然 ! 俺ん家もっと酷いから 、笑



こうやって 、




私が気にしないようにしてくれるのも 、




凄くいいなって思う 。


❤︎
❤︎
ご飯 、肉じゃがなんですけどいいですか ?
青 山 陸
青 山 陸
え ? 作ってくれるの ?
嬉しい !


ほんとに嬉しそうにする陸さんの顔は 、




無邪気な子供みたいで 、




なんか可愛い 。




歳上なの忘れるくらい話しやすくて 、




とっても素敵な人だと思う 。


❤︎
❤︎
美味しいかどうか分からないですけど … 笑
青 山 陸
青 山 陸
美味しいよ !
この前のも超美味しかったもん !


こんな会話 、




いつぶりだろう 。




って言うか 、




した事なかったかも 。


❤︎
❤︎
じゃあ頑張って作りますね 。
適当にくつろいでてください !
青 山 陸
青 山 陸
手伝う事あったら言ってね 。


そう言ってソファに座る陸さん 。




なんか今の私 、普通の女の子みたい 。




彼氏がお家に来て 、




頑張ってご飯なんて作っちゃったりして 、




たまに顔を上げると 、




リビングに彼氏の後ろ姿が見えるの 。












って 、




陸さんは別に彼氏でもなんでもないんだけど 、笑




そういうの 、




いつか私も出来るかな ?