無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

🥀 第 17 話
❤︎
❤︎
どうして … ?


なんで陸さんがここに居るんだろう 。

川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
え 、なに ? 
知り合い ?


陸さんと私を交互に見て 、不思議そうな顔をするお兄ちゃん 。



それもそうだ 。



お兄ちゃんの先輩と 、私が 、



前に会ったことあったんだから 。

❤︎
❤︎
ちょっと … ね 、笑
青 山 陸
青 山 陸
そう 、ちょっと 、笑


あの日の事を話したくないと察したのか 、



陸さんも上手く誤魔化してくれた 。

川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
そうなんすか !
なんだ 〜 、じゃあいいっすよね !
ふみかも安心だ 、笑
青 山 陸
青 山 陸
安心って ?


どうやら 、陸さんは私の病気の事を知らないらしい 。



話していいか 、



お兄ちゃんが目で問い掛けてくる 。



私は軽く微笑んで 、



小さく頷いた 。



ちょっと聞かれたくなかったかなあ 。



なんて思ったけど 、



どうせすぐバレちゃうから 。



最初に話しておこう 。