無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

🥀 第 36 話
あれから3ヶ月。



陸くんとはあの日から1回も会っていない。


川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
そう言えば陸さん、彼女出来たっぽいんだよね〜
❤︎
❤︎
え?
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
なんかこの前女の人と歩いてるとこ見てさ、
まあ友達かもしれないけど、笑
そっか。



まあそうだよね。



大学なんて、沢山可愛い女の人が居て、



陸くんもカッコイイし。



出来て当たり前だ。










ってなんで私、ちょっとショック受けてるんだろう。



別に好きな訳でもないのに。


❤︎
❤︎
ねえお兄ちゃん、その陸くんの彼女さん、可愛かった?笑
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
いや、後ろ姿しか見てないから顔は分かんないけど。
なんで?
❤︎
❤︎
いや、あの陸くんの彼女さんだから、可愛いだろうなあって思って、笑
きっとふわふわ系でThe女の子って感じの、



可愛らしい女の人なんだろうな。


川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
まあ、陸さんモテるからな。
…でも、陸さん今までいくら可愛い子に告白されても全員断ってたらしいんだよね。
❤︎
❤︎
え?そうなの?
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
後ろ姿だけだから分からないけど、見た感じそこまで可愛い子でもなさそうだし。
まあ顔で選ぶ人ではないと思うんだけどさ。
❤︎
❤︎
ふーん、そうなんだ。
陸くんの彼女さん。



どんな人かな。



陸くんの選ぶ人だから、とってもいい人なんだろうな。










そんな想像とは大きくかけ離れている事に、




私はまだ知らない。