無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話
あなた

えっ?ちょ、近づいてくんな

さとみ
だって犯せって言ったっしょ
あなた

いいっていいってそういうの!

ジェル
なんでー?
あなた

てかお前がなんか読ませたからこんなことなってるんだよ多分!!!!←
何とかしろよ!

莉犬
俺たちにさとみくんの性欲は抑えられないよね
るぅと
凄いですからね
あなた

なに、性欲ってなに?!怖いって!

ドンッ
あなた

ちょ、さとみ離して、

今さとみに壁ドンされてます
さとみ
あなた…口開けて
あなた

いy

さとみ
チュ…ン…ハァンハァ…チュッ
あなた

くる…しッ…

口を開けて話そうとすればするほどさとみが私の口に入ってくる
歯列を舌でなぞってきたり
舌と舌を絡ませてくる
気持ち悪い…
さとみの胸板を思いっきり押した
さとみ
そんなことしても無駄だよ?
ななもり。
さとちゃん、落ち着いて?
さとみ
あなた好きだよ、大好きだよ
ななもり。
さとちゃん!!!!
さとみ
あ、、はい、?
あなた

さとみのあほ!!!
さとみきらい!

さとみ
えっちょごめんって!
ころん
さとみくん、それは無いわー
ジェル
ありえへん
さとみ
いやいやお前があんなセリフ言わせるから理性が!ふわって!
莉犬
それでもひどいと思うー!あなた可哀想!
ななもり。
はいはいはみんななかよく
ジェル
ほんま有り得へん
莉犬
さいていやろーだ
るぅと
もうゴミですね
ななもり。
みんな!仲良く!(*^^*)
さとみ
あ、はい
るぅと
すみません
莉犬
ごめんなさい
ジェル
はい
あなた

あーあ!もう眠くなった!帰るもん!

ころん
えっちょ!
あなた

べーだ!さとみのあほー!

廊下を猛スピードで走り抜けて
階段を降りて
学校を出た
生徒会室の窓を見れば…
ころん
帰ってこいー!
ななもり。
逃げるな!
あなた

べー!

あなた

一気に疲れたし、
生徒会入るとか絶対嫌だったし

そこに高級そうな車が走ってきて
私の横でとめた
こんにちは
あなた

??
こんにちは……?

まふまふ
初めまして!まふまふです!
あなた

あ、はい、、はじめまして

まふまふ
もし良かったらなんですけど、
うちの高校に来ませんか?
あなた

はい?

まふまふ
まふの丘高校です!
あなたのようなエリートな生徒だけが入れる高校です!
あなた

私がエリート?誰かとお間違えだと思います

まふまふ
運動が完璧と聞きましたが…
あなた

あ、、運動なら少し得意なだけですよ

まふまふ
あなたならエリートでもエリートじゃなくてもどっちだっていい
可愛いから、一目惚れしました♡
ぜひお願いします!
あなた

あの、ごめんなさい
苺山高校には友達がいっぱいいて、楽しくて、
なので無理ですごめんなさい

まふまふ
そうですか…
まふまふ
とにかく!また来ますね♡
絶対転校したいって思えるようにしますから
あなた

はい…(めんどくせ)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

なぁちゃん
なぁちゃん
コメントしてくれる子すき
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る