無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

90
2021/05/08

第39話

幼馴染

日曜日。
1人で来る河川敷は懐かしくも、寂しいものだ。
あの時、柊が私に話しかけなて来なかったら。
あの時、柊のお父さんがニュースで報道されてなかったら。
そもそも、私が河川敷で朗読をするという趣味を持っていなかったら……
彼と会うことも、好きになることも、ましてや付き合うことなんてなかったんだよね。
そう思えば思うほど残り短い柊のことを考えたくなくなる。

ピコン とスマホの通知。
湊……?

『今日暇?昼からどっか遊びに行こーぜ!木葉はれいが来るなら行くってさ』

2人には柊の病気のことは言ってある。
気を遣ってくれてるのかな。
丁度いい。
これ以上1人で色々考えてたら頭がおかしくなるところだった。

『うん!どこ行く?』
『てきとーにぶらぶら。
 どっか行きたいとこある?』
『ううん、ぶらぶらしよっか』

ほんと、2人にはお世話になってばっかだな……


  ♤  ♤  ♤