無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

137
2021/09/28

第3話

2.


『 高嶺君。彪太郎は起きたかな? 』
あなた「 あ、おじさん!軽めの煽り文句で起こしてきました笑 」
こたパパ『 そーかそーか笑 』

    『 寝起き悪くてごめんねぇ笑 』
あなた「 もう慣れましたよ笑 」


この人はこたのパパさん。

雰囲気はこたに似てるんだけど社長さんってだけあって仕事もバリバリこなす人。

ちなみにイケメンね笑

歳は、、確か来月で38歳だったはず。

若いでしょ笑


こた『 んん、おはよぉ~っ、 』
こたパパ『 あ、あなたちゃんが朝ご飯作ってくれたから食べて、 』

    『 学校行ってらっしゃい笑 』
あなた「 あぁぁぁぁあ 」

  「 ご主人様寝癖ついてますって、 」
こた『 直して、、 』
あなた「 、、、、なんで私が 」
( とか言いつつやってくれる人 )














  「 あ!!メイクしてない!! 」
こた『 メイクなんかせんくても可愛ええよ? 』


まーたご主人様はそんなこと言う、、


あなた「 まぁ無視無視 」
こた『 ねぇ心の声と喋ってること逆やん( 』