無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

キミがNo.1
光side
ふー、なんかもう、ホントに疲れてきたな…
彩のことは、好きなんだけど…ね…?
なんかさ、毎日毎日同じ感じで飽きてきたなって思うんだよ
でも、彩にはまだ言えない
あなたに相談してみようかな?
ピンポーン
あなた
はーい、あ、光?
うん
あなた
どうしたの?まあ、入れ入れー
ありがと(笑)
あなた
んで?どうしたの?
えっとーそのー
俺は思ってること全部をあなたに話した
あなた
なんか、ごめんね?
暗い話で
あなた
ううん
光はさ?彩のことどう思ってるの?
え?好きだよ
あなた
ならさ?言えばいいんじゃないかな?
彩に、毎日毎日同じ展開で飽きちゃったから今度からはそんなにくっつかなくても大丈夫だよって
多分彩は不安なんだと思うよ
光、モテるから(笑)
…言えるかな?
てか、俺ってモテてんの?
あなた
うん
彩は光がとられちゃうのが怖いんだよ、きっと
だから安心してもらえるようにしなよ~?
わかったよ
ありがとう、相談乗ってくれて
あなた
いいえーなんもだよ?
あなたと話してたら悩み消えたー!!
ホントに安心して話せるな、あなたとは
まあ、まずは彩だな
言ってみますかね
後日…
あなたー!ご飯食べよー!
あなた
はーい!
あなたにもかまってあげてました
安心できたんだな、彩
とりあえず落ち着いてよかったー♪
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡