無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

第34話
夏祭り当日…
あなたside
夏祭りは夏休みの結構最初の方にあるんだよね!
今日は浴衣着てこうかな?
あなた
おかーさーん!
お母さん
何よ、うるさいわねー(笑)
あなた
浴衣!
お母さん
着てくんでしょう?
あなた
そう!
お母さん
そこに立って、待ってなさいね
あなた
はーい
お母さんに浴衣を着せてもらって、少ししてから涼介が迎えにきた
ピンポーン
お母さん
はーい
涼介
涼介
あ、あなた居ますよね?
お母さん
もちろん、いるわよ!
あなた
ねー、歩き辛い
涼介
涼介
/////
お母さん
もー、そういう時はっ!(小声)涼介くんの腕に捕まって歩けばいいの!わかった?
あなた
ほー、そういうことね、わかったー!
お母さん
ほらほら!いっといで!
あなた
いってきます
涼介
涼介
///いってきます
お母さんがね?小さい声で
お母さん
涼介くん、顔真っ赤(笑)
っていってたの聞こえちゃった(笑)
涼介
涼介
似合うね
あなた
え?
涼介
涼介
浴衣似合う
あなた
え?!ありがとう!
涼介
涼介
んで?お母さんになんて言われたの?
あなた
なにって?
涼介
涼介
歩き辛いときどうすんの?
あなた
あー、それね
ひ・み・つ☆
涼介
涼介
えー!教えてよー!
あなた
まあまあ、後でね
涼介
涼介
ケチ
あなた
なんだと!
涼介
涼介
いーえなんでもありませーん
あなた
聞こえてるけどね
あ、見えてきた!
涼介
涼介
何から行く?
あなた
かき氷!
涼介
涼介
ん、わかった
店員
いらっしゃい
なに味?
涼介
涼介
なに味?
あなた
いちご!
涼介
涼介
いちご2つ
店員
はい
かき氷のお金をはらって、歩きながらかき氷を食べて…
涼介
涼介
焼きそば食う?
あなた
食べるけど、1個まるまるは無理だなぁ
涼介
涼介
半分しよ
涼介
涼介
焼きそば1つ
店員
はい
焼きそばもお金をはらって、半分こして食べてたら、もう花火の時間で人もいっぱい
足元が余計にふらつくからお母さんが言ってたのを実行しよう
あなた
(ギュッ)
涼介
涼介
////え?どうしたの?
あなた
歩き辛いの
涼介
涼介
人、多いのに恥ずかしくないの?
今なら素直になれるかも
あなた
恥ずかしくないよ
涼介イケメンだから
涼介
涼介

俺も恥ずかしくないかも
あなた、すんごい可愛いから
あなた
ありがと
涼介
涼介
花火、もうすぐだよ
暗いし危ないから、離れないでね
あなた
離れないよ
このまんまがいい
涼介
涼介
俺も
花火がうち上がり、ラストというアナウンスがかかったとき…
パンッ!
涼介
涼介
(キス)
涼介が花火が上がると同時に、キスしてきた
アナウンスが「これで、今年の花火、終了です!」というと、皆帰っていく
涼介
涼介
ごめんね、なんか
かわいくて、キスしたくなっちゃった
あなた
ううん、いいの
涼介だからいいの
涼介
涼介
よかったぁ!嫌われるかと思った
あなた
そんなことで嫌いになるんなら、付き合ってないよ(笑)
涼介
涼介
お互いドキッとしたな、今日
あなた
うん
腕のやつ、ドキッてした?
涼介
涼介
したよ!
まあ、キスは仕返しってことで
あなた
あれは!ビックリし過ぎてヤバかった!
楽しく帰りました

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

やまなみ🍼
やまなみ🍼
初投稿です!ボツかもしれませんがよろしくお願いいたします! myプロフィール LJC ハッシュタグ→やまなみ お話したい方大歓迎!気軽に話しかけてください!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る