無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

キミがNo.1
前のチャプターへ戻る

第43話

第42話
涼介side
あれ~?あなたいない…
電話しても出ないし…
LINEだけしといて、早く帰ろ
(LINEです)
涼介
あなた、先に帰るね
既読つかないし、なんか忙しいのかも
あなたside
あ、涼介からLINE来てた!
5分前か…
一緒に帰りたかったな
翌日…… 
あなたside
涼介に昨日のこと報告したい!待ちきれないからインターホン押しちゃお!
ピンポーン
涼介
はーい?あなた今日は早いね
あなた
でしょ?まあいいや
昨日ね!文化祭の実行委員に選ばれた!
涼介
え?!スゴ!それでいなかったんだ!
あなた
そうそう!でね、もう1人が大貴なんだよねー
涼介
え…
俺じゃないの?
あなた
私も聞いたんだけど、先生が選べるんじゃなくて生徒会が選ぶんだって
涼介
そうなんだ
あなた
でも、大貴も涼介がしっかりしてるから涼介がよかったって言ってたよ
涼介
うん、俺もあなたと一緒にやりたかった…
あなた
そっか…
まあ、放課後に待っててくれたら一緒に帰れるよ
大貴
おはよ!
あなた
おはよー
大貴
今日の放課後からなんか企画の話をするって!
あなた
OK!
次回→実行委員会の様子からです!
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡