無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

キミがNo.1
前のチャプターへ戻る

第64話

第62話
作者から
投稿出来てなくてすみませんでした!!
言い訳といっては何ですが修学旅行とその準備に終われてました…
計画性のないやつなんでね、はい
本編どーぞ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
あなたside
また学校ですよ!
もうホントにヤダ
でももうちょいでこの学校からバイバイだしっ!
頑張ろ
涼介
はーやーくー!
あなた
ごめんってば
涼介
謝るだけじゃゆるしませーん
あなた
ケチ
なんてバカみたいな会話をして登校する
そしたら…
ドンっ!
誰かにぶつかられた…
あなた
いった…
涼介
あなた、大丈夫?
ぶりっ子
あ…
涼介
ちょっと、謝れよ
あなた
いいって、気に…
いった!
ぶりっ子
あ、涼介くぅん?
涼介
は?
ぶりっ子
つーめーたーいー!
涼介
早く謝れ
ぶりっ子
えー?だってぇ、私悪くないし
涼介
周り見ろよふざけんな
転んだ私の手を引っ張ってなんかよくわからない女の子に冷たくする涼介
ぶりっ子
ごめんねぇ?
あなた
えと…
涼介
あなた、もういいから
コイツ置いてくぞ
あなた
え、でm
涼介
いーから!
あなた
…うん
謎のぶりっ子に絡まれました
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡