無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

キミがNo.1
前のチャプターへ戻る

第22話

第22話
光side
やっぱ体育祭、楽しみだよね!
今日本番だけどね!
ふわぁぁ
でっかいアクビしてんねー
眠いのー
緊張してたとか?(笑)
笑いながら聞いてくる彩に
んなわけない(笑)
ボンヤリしながら答えてるといつの間にか会場についてて
大貴
おはよー!!
大貴の第一声を聞いて目覚める
おはよ
おはよー
おはよ
涼介
ヤッベー!また遅刻するだろーが!
あなた
いや、ホントごめんって!
涼介
はあー、間に合ったー!
あなた
セーフ!
また遅刻ギリギリかよ
ホントにね
大貴
俺より遅ーい!
あなた
間に合ったし大丈夫!
涼介
グッドするな!
騒がしく本番スタート!
200mにでるんだよ、俺!
涼介
光!そろそろ行こ!
そうだねー
あなた
彩ー?行かなきゃ!
ホントだー
この4人、皆200mだから集合して待ってると…
あなた
なに?
あなた
わー!ヤバいヤバい!
落ち着きなって
あなた
ヤバい!
涼介
何がヤバいの?
あなた
弁当忘れた!
涼介
はあ?!(同時)
はあ?!(同時)
はあ?!(同時)
いや、え?ウソでしょ!
ちゃんと確認したの?カバンの中とかは?
涼介
お前、大丈夫か、ホントに
あなた
うー、どうしよ!
馬鹿が出たね、この幼なじみは
騒いでるうちに競技スタートしちゃって
あなた
ヤーバーイー!
うるさいっ!
走ってる最中にでっかい声で騒ぐという…
そして、普段より早く走って見事1位獲得(笑)
あなた
ウッソ!1位!?
弁当、私の分けてあげるから
静かにね?
念をおされていました(笑)
ちなみに俺らは同率1位だったよ(笑)
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡