無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

キミがNo.1
前のチャプターへ戻る

第38話

第37話
彩side
今から光の家に行くんだけど…
あなたが暇暇叫んでる声が聞こえるんだけど(笑)
あなた
ねぇ、夏休みなのに暇ー!!
お母さん
知らないわよー
彩ちゃんと遊んできなさいよ
えっ!?私?!
あなた
彩!彩がいた!
叫んだ声が聞こえたかと思いきやドアが開いて…
あなた
おわっ!?彩だぁ!!なんで?!エスパー!?
違います
光の家行きたいんだけどわかんなくなっちゃって…
あなた
バカだなぁ!
あなたよりは増しですー!!
あなた
教えてやろう!
はいはい
あなた
ここだ!
そういって指を指したのはあなたの家の隣
は?
あなた
ん?どうしたの?
いや、隣?!
あなた
そうだよ
え?!
あなた
窓から行こうか?
不審者じゃん!
あなた
うちらの部屋ねー窓で移動できるんだよっ!
自慢にならないよ…
あなた
涼介の部屋も窓からいけるよ
そして勝手にインターホンを押す
ピンポーン
はい!
あなた
よ!
どうしたの?
あなた
ほんとの用事、この人だからー
そいじゃ!
え?
あ、ごめん
遊びに行かない?
今から行く?
うん!
ちょっと待ってて
準備するー
はーい
玄関のドアが閉まったかと思いきや、またドアが開く
暑いよね!
中入って待ってて!
ありがと
家の中に入るとクーラーが効いてて涼しかった
あーやー!
はい!?
ねー暑いしさープール行こー
えっと……プール?プール……プール?!
は?!
いや、その……
二人じゃなくてもいいよ!
ほら、あなたもどうせ暇なんだろうしさ
うん、あなたすごく暇そうだったよ?
つまり……
Wデートってこと?
そうそう
楽しそう!
行こ!
彩、一回家帰って準備しなよ
わかった
一回家に帰って、荷物を準備して…
また光の家に行くと玄関ドアの前に光が立っていた
よし!誘いに行こ!
彩はあなた誘いに行って!俺涼介誘ってくる
わかった
二人を誘ってプールに…
次回→プールでの話です!
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡