無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

362
2021/06/15

第9話

ご対面。
私は、ついに事務所に足を踏み入れた…

面接官は、こたつくんとenn様。

あああ推しが目の前にいる…
(なまえ)
あなた
失礼します
こたつ
こたつ
どうぞ、座ってください
(なまえ)
あなた
ありがとうございます
よろしくお願いします
enn
enn
ではさっそく面接を始めていきます
まず、お名前と年齢を教えてください
(なまえ)
あなた
はい
あなたの名字あなたの下の名前です
19歳です
enn
enn
あなたの下の名前………って、もしかしてあなたのニックネームさん?
(なまえ)
あなた
?はい、そうです
こたつ
こたつ
あー、いつも見てくれてる子や!
(なまえ)
あなた
はい、見てます…っえ?え?
enn
enn
こないだ、わかゔぁが言っててん!
マネージャーやってくれそうな子が
いるって
(なまえ)
あなた
ゔぁくん…じゃない、
わかゔぁさんが?!
え、何それ嬉しすぎる……!
こたつ
こたつ
もちろん僕たちも知ってて
(なまえ)
あなた
えっ!!!!!!
ほんまですか……?
enn
enn
うん、いつも感想ありがとうなぁ!
(なまえ)
あなた
いえいえいえいえ全然全然……!
認知、、無理、死ぬ。

頑張れポーカーフェイス、持ち堪えろ。
こたつ
こたつ
えーっと、面接に戻すけど笑
専門学生さん、であってる?
(なまえ)
あなた
はい、そうです
こたつ
こたつ
学生さんやと忙しいと思うけど、
そこは大丈夫なん?
(なまえ)
あなた
はい、大丈夫です!
私が通ってるとこ、けっこう緩い?ので…
enn
enn
なるほど
事務所にも来れる近さで、
撮影もガンガン参加できる、と
で、年齢もOK
enn様……、
やっぱりお美しいしオーラあるなぁ。

って面接中に何考えてんだ
(なまえ)
あなた
そう、ですね
enn
enn
こっちゃん、
やっぱりこの子いいんちゃう?(小声)
こたつ
こたつ
うん、俺もそう思う(小声)
な、なんか小声で話してらっしゃる…

失礼なこと、しちゃったかな…?!

と、その時、事務所のドアが開いた。
わかゔぁ
わかゔぁ
おつかれさまでーす
(なまえ)
あなた
…………………え?
enn
enn
あれ、わかゔぁ?
今日撮影ないで?
わかゔぁ
わかゔぁ
え、まじですか?
うわ完全にあると思ってた!
こたつ
こたつ
まぁすぐ帰るのもあれやから奥いっとき
面接中やし………、
って、あなたのニックネームさん?
どうしようこの子顔真っ赤笑
だって、だって、

ゔぁくんが目の前におるもん!!!!

こたつくんもenn様も推しやけど、

最推しが現れるのは違うやん!!!()
わかゔぁ
わかゔぁ
え、あなたのニックネームさん?!
はじめまして、わかゔぁです…って、
ほんまに真っ赤ですね笑
enn
enn
しゃーない、あんたがそうさせたんや。
(なまえ)
あなた
………は、はじめまして、
あなたのニックネームです……………(小声)
あーもう、顔真っ赤なん見られた……!

引かれたらどうしよ……
わかゔぁ
わかゔぁ
面接、来てくれたんですね…!
めっちゃ嬉しいです、
頑張ってください!
応援された、推しに。

昇天しそう。
こたつ
こたつ
……もう質問することもないし、
面接終わりにしよか笑
enn
enn
そやね笑
あなたのニックネームさん、来てくれてありがとう!
(なまえ)
あなた
こ、こちらこそ、
ありがとうございました…!
し、失礼します……!
わかゔぁ
わかゔぁ
あ、
わかゔぁ
わかゔぁ
(もうちょい、
 話したかってんけどなぁ、)