無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

360
2021/06/15

第8話

ついに、
(なまえ)
あなた
ひぃいいいい…………
ついに、この日がやってきた。

ごくり、と唾を飲みこむ。

え、何の日かって?

それは………
(なまえ)
あなた
マネージャー、面接の日……!!
ゔぁくんからDMをもらった日から、

私は悩みまくった。

夜しか眠れないほどに。

推しとファンの関係、業務に手がつくのか。

アンチやリアコさんに叩かれたりしないか。
不安がたくさんあった。

でも、ゔぁくん本人からDMをもらった。

フォロバされた。

やってほしいと言われた。

フォロワーさんにも、「私にやって欲しい!」
と何回も言われた。
だから、

うじうじ悩まずに、

わからない未来を見るより、

やってみることにした。
(なまえ)
あなた
だから、私は今、
事務所の前にいる(白目)
私の面接の時間はもうそろそろ。

さっき、前の人が出てきたばっかりだ。

その人は興奮気味に出てきて、顔を赤くしていた。

きっと、48が好きなんだろう。

それか、うまくやれたか。
(なまえ)
あなた
緊張するなぁ、
そう小さくつぶやいて、私はスマホを見た。

画面には、ゔぁくんからのDMが表示されている。

お守りに、とさっきから見返してる。
こたつ
こたつ
次の方、どうぞー!
(なまえ)
あなた
…………頑張りますか。