無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17






" 初めて泣いた日 "













____________________




いつか壊れるとしても。

はじめから、すべてなかったかのように消えてしまっても。

きっと、この思いは変わらない。

この「涙」を忘れる日はない。




……私はどうして生きてるの?
心春
私に出会うためだよ。
私はうーちゃんに出会って、毎日が楽しくなったんだから
はやく死にたい
心春
私よりはやく死んだら、ダメでしょ!
私はうーちゃんとずっと一緒がいい
家に帰りたくない
心春
うーちゃんの場所は家だけじゃないよ!
この『へや』は私たちだけの世界なんだから!
誰も助けてくれない
心春
私はうーちゃんが泣いてたら、すぐに駆けつけて、頭を撫でるよ
ずっと「ヒトリ」
心春
今は「フタリ」だよ
私はうーちゃんのそばにいる
私に存在価値なんてない
心春
私はうーちゃんに救われたんだよ。
だから、うーちゃんは私のために生きて
なんで……
なんで、私なんかのことが
そんなに好きなの……?
心春
うーちゃんが「なんか」じゃないから
心春
うーちゃんはうーちゃんだよ
心春
優しい優しい、大好きな人だよ



どうして……

どうして、そんなに。

優しい言葉をかけてくれるの……?

どうして、手を握ってくれてるの?

どうして、優しく抱きしめてくれるの?

どうして、涙を拭ってくれるの?

私には……

人の優しさがわからない。

私に向けられる優しさがわからない。

私なんかに優しくする人の心情がわからない。

でも……

心春にそんなこと聞くと、心春はきっとこう言うんでしょ?

「なんか」じゃないから、って。

そう言って、あの笑顔で笑うんでしょ?

本当に……

心春はバカだね。

私を異常なくらい愛してる。

そして……

私も心春を異常なくらい愛してる。

心春は私を救ってくれたの。

今も……今までも。

ずっと凍っていた心を溶かしてくれた。

私に、感情をくれた。

私に居場所をくれた。

「ヒトリ」だった私がいつのまにか、「フタリ」になってた。

私が一番欲しかった言葉を言ってくれた。

私を抱きしめてくれた。

私の手を引いてくれた。

私と出会ってくれた。

心春。





















______ありがとう














もう、心春が綺麗だと言ってくれた髪はない。

でも、これからもずっと一緒なんだから。

また次、春が来る頃には。

もう一度、「綺麗だ」と言ってくれるかな。

これからは長いんだから。

私たちは永遠に一緒。

ずっとずっと。

あなたの隣に_______