無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

23





" ずっと見てた "














____________________




『2018年10月27日

 今日、ある女の子を見た。
 私のヒミツ基地からちょうど裏庭が見える
 の。
 裏庭でいつもいじめられてる。
 すごく悲惨な光景。
 だけど、女の子はいつも無表情。
 痛そうにも辛そうにも苦しそうにもしな
 い。
 あの子はきっと、大丈夫じゃない。
 助けてあげたいけど……。
 私にはムリだね。 』




『2018年11月23日
 
 あの女の子が今日もいじめられてる。
 私は窓から見てるだけ。
 弱いな。
 あの子はすごく可愛い。
 瑠璃色の髪がすごく綺麗。
 だけど……あんなにボサボサにされて。
 
 あの子をいじめから守ることはできなくて
 も。
 あの子の居場所を作ることくらいなら。
 こんな私でもできるかな……?

 このヒミツ基地は広すぎるから。 』



『2019年2月16日

 怖い怖い怖い怖い怖い怖い……!
 あの子に話しかけようとするけど。
 足がすくんで動かない。
 嫌がられたらどうしよう……。
 傷つけたらどうしよう……。

 結局今日も話しかけられない。
 あの子の心が泣いている。 』



『2019年4月6日

 どうしよう!どうしよう!
 ついに、あの子に話しかけれたの!
 うう〜〜やったーー!!

 だけど、なんかよくわからない感じだよ。
 「泣いてるよ」ぐらいしか言ってないし
 ……。
 緊張して、変なことしか言えなかった〜。
 とりあえず、名前は言っておいたよ。
 やっぱり女の子は優しい子だった。
 私の話、ちゃんと聞いてくれた。
 明日も……来てくれるかな?
 頷いてたし、来てくれるよね?!
 こんなに、ドキドキするの……
 久しぶりだな。  』