前の話
一覧へ
次の話

第2話

まだ誰も知らない夢
406
2019/02/16 15:07
い つ も の 帰 り 道 ______

12 月 23 日

ク リ ス マ ス イ ブ も 目 の 前 に し 、
ま わ り は カ ッ プ ル だ ら け 。

う ら や ま し い な ん て 1 mm も 感 じ な い 。

イ ヤ ホ ン の 音 量 を 音 漏 れ 寸 前 ま で
ガ ン ガ ン に あ げ る 。

そ れ か ら ポ ケ ッ ト の 中 に 手 を 突 っ 込 み 空 を 見 上 げ た 。

ポツッ ))

「 .... 雪 、 か 、 。 」

立 ち 止 ま っ て 手 の ひ ら に の せ る 。

綺 麗 な 結 晶 ... な ん て 見 つ め た 時 、










トントン))
誰 か に 肩 を た た か れ イ ヤ ホ ン を は ず し な が ら 振 り 返 っ た

そ の 時 、 時 針 塔 の 鐘 が な る と 同 時 に 俺 の 運 命 の 歯 車 が 動 き だ し た

「 あ の 、 1 度 声 か け た ん で す け ど 、 気 づ か な か っ た み た い で ... 」

少 し 俯 き な が ら 俺 が 落 と し た 定 期 を 渡 し て く れ た 。人 見 知 り だ と 思 わ れ た

「 え ... あ ぁ 、 あ り が と う ご ざ い ま す ... / / / 」

俺 は お 辞 儀 を し た 。 彼 女 も 軽 く お 辞 儀 を し て 去 っ て い っ た 。

1 歩 あ る い た と た ん 自 然 と 身 体 が 後 ろ を 振 り 返 っ た 。 そ こ に 彼 女 は も う い な か っ た 。






































果 て し な い 道 の 先 に 灯 る 光_________













___________触 れ た く て 伸 ば し た 指 の 先

『 う ら や ま し い な ん て 1 mm も 感 じ な い 』



前 言 撤 回 。俺 は 彼 女 を な ん と し て で も 奪 い た く な っ た 。
こ の 恋 が も う す で に 目 の 前 で 起 き て い る 事 は 俺 も 、 誰 も 知 ら な か っ た 。




































































_______________________ ま だ 誰 も 知 ら な い 夢

プリ小説オーディオドラマ