無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

♯18 ラフストグッズの秘話





ここからは作者の妄想です。
マネージャー
ラフストのグッズ作らなきゃ行けないけどどうする?
しんたろう
しんたろう
みんなで一つ一つ作って行くの楽しそうじゃない?
じゅり
じゅり
あ、!それいい
あなた

じゃあ役割決めないとね

ゆーご
ゆーご
案でしょ?
ほくと
ほくと
柄とか
じぇす
じぇす
考えることは

ペンライト
ツアーステッカー
トートバッグ
絆創膏
Tシャツ
うちわ
クリアファイル
マネーメモ
フォトセット
ポスター ぐらいじゃない?
ほくと
ほくと
じゃあ俺メモとステッカー
たいが
たいが
ポスターと写真やる
ゆーご
ゆーご
じゃあ俺トートバッグ
じゅり
じゅり
Tシャツやる
じぇす
じぇす
ペンライトやろ
しんたろう
しんたろう
あなた一緒に絆創膏とうちわやる?
あなた

やるー。







2時間後
あなた

ん?待てよ

あなた

今みんなアイデア書いてきたんだよね

じぇす
じぇす
うん
あなた

元の案じゃん

ほくと
ほくと
俺達には無理だってことがわかった
あなた

まあいいか







いつものSixTONESでした