無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

547
2020/10/21

第3話

3
中島さんの部屋の前でウロウロしてるなう

ご飯作り終わったけどな。中島さんの部屋に入る勇気はない
ノックするだけでいいんだ
頑張れ自分


ノックをしようとした時


ドンッ


向こうから扉が開いて見事にドアと私のおでこがごっつんこしました



中島「えっ!?いたの!?大丈夫?」

あなた『大丈夫です大丈夫です』

中島「っははははっ‪w‪w‪w‪w‪w」


めちゃめちゃ笑うじゃんこの人
ゲラなの!?


中島「やべぇ面白い‪w‪w‪w ごめんね?ほんと大丈夫?」

あなた『なんかそこまで笑われると痛みとびます‪w』

中島「そろそろご飯できたかなって思ってリビング行こうとしてた」

あなた『はい。できました!食べましょ』


なぜ私は中島健人と食卓を囲んでいるのか
2時間前の私に教えてあげたい
もっとまともなものをつくれって!!!


中島「めっちゃおいしい!料理得意なの?」

あなた『はい。両親がほとんど夜いなかったので、自炊してるうちにハマっちゃって、、』

中島「なるほどね!じゃあうちの勝利と気が合うかもね‪w」

あなた『佐藤さんも料理得意なんですか?』

中島「なんかね、自粛中にハマったらしくて、土鍋でご飯炊いてるらしい」

あなた『土鍋!?それ私やってみたいんです!』

中島「勝利より土鍋に食い付いてくるあたり面白いね‪w‪wじゃあ今度勝利に言っとくね」


あ、そっか、勝利に言っとくね=佐藤さんに会うってことか。
土鍋に興奮しすぎて佐藤さんの存在薄れてた←