無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

高橋 恭平
告るとかめっちゃ勢いでいいよったけど
なんてゆえばいいかわからんわからん←



























あー!もーどーしよー!

















あなた「どうしたん?」






恭平『いやぁ、告ろーと思っとるんやけど』






あなた「へぇー、だれに?」









恭平『誰にって、あの人しかおらんやろ』












あなた「え、だれ?」












恭平『誰って、え!?は!?ちょ、なんでおるん』



















あなた「いやなんでって、恭平がなんか1人で変な顔しとるなぁって思って来た、笑」












恭平『ちょ、まじびびらせんといてや笑道枝かと思ったやん笑笑』




















あなた「で!!誰に告るん?好きな人誰なん?」

















恭平『あなた!!』














あなた「…へっ?」





















恭平『俺の好きな人』



















あなた「ほんまにゆうてる?」























恭平『いや、嘘ついてどうすんねん笑』






































































































恭平『改めてあなたの事が好きです!
付き合ってください!』







































































「う、うちでいいなら笑笑」

















































































『よっしゃぁー!!!!!!!!』


































「ちょ、恭平喜びすぎとちゃう?」







































『やって嬉しいんやもん』






























「なんか可愛い、」




































『そこはかっこいいやろ!笑』