無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

諦め方(結菜&篤哉)
結菜side
私は、叶達と一緒に家を出た。
…ついに言ってしまった。
私が篤哉くんのことを好きになり始めたのは、悠希と別れて数日経った日だった。
その時もうすでに、篤哉くんは叶のことが好きで、半分諦めていた。
叶
結菜~
何ボーッとしてるの?
紺野結菜
紺野結菜
あ、ごめん
叶
いいけどさ~
…てか、篤哉くんもういるよ
紺野結菜
紺野結菜
えっ⁉
「篤哉くん」…その言葉に敏感に反応してしまう。
教室を見ると、すでにクラスの男子と話していた。
篤哉颯天
篤哉颯天
七瀬さん、紺野さん、おはよ
叶
おはよ~
紺野結菜
紺野結菜
お、おはよ…
上原悠希
上原悠希
おい颯天~
俺のこと忘れてない?
篤哉颯天
篤哉颯天
あーごめん
上原悠希
上原悠希
ひど~
叶
笑笑
…やばい。
このメンツに馴染めない。
綴雫
綴雫
みんなおはよ~
紺野結菜
紺野結菜
おはよ!
綴雫
綴雫
?おはよ~
綴ちゃんが来てくれた!
上原悠希
上原悠希
結菜どうした?
紺野結菜
紺野結菜
え、あ、いや、なんもない!
ふと、篤哉くんを見ると…篤哉くんはやっぱり叶を見ていた。
…やっぱり無理だよね…。
篤哉くんのことも応援したいけど、叶のことも応援したい。
篤哉颯天
篤哉颯天
…ん?紺野さんなに?
紺野結菜
紺野結菜
え?
篤哉颯天
篤哉颯天
俺のこと見てなかった?
篤哉くんの方を向いて考え事していたら、篤哉くんが視線に気づいた。
紺野結菜
紺野結菜
…ううん、なんでもない
篤哉くんの顔を見ると、私がどれだけ篤哉くんのことが好きなのかがよく分かる。
諦めようとしても諦めきれない恋だ。
諦め方なんて、きっとない。
この想いが届けばいいのに…。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ななつき✒低浮上
ななつき✒低浮上
ななつきです! 8/2に始めました! 🍀🍄🍯 ハムスター村 恋愛小説が多いです! よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る