無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

両親(叶&悠希)
叶
悠希さ
上原悠希
上原悠希
ん?
家に帰って、二人きりになった時、私は悠希に話しかけた。
叶
私の親のことどう思う?
上原悠希
上原悠希
え…?
叶
…全然帰って来ないし、私のことは放ったらかし
そのかわり、物心ついた頃には、料理できるようになってたけど
上原悠希
上原悠希
…俺は、叶を放ったらかしにしてることはひどいと思う
上原悠希
上原悠希
…でも、絶交までは思わない
叶
そっか
上原悠希
上原悠希
そもそも、なんで急にそんなこと聞いたの?
叶
…今日の昼過ぎに、親から電話がかかって来たの
「来週帰る」って
上原悠希
上原悠希
…まじか
叶
一応、「ご飯作って待ってる」って言っておいたけど…
上原悠希
上原悠希
…大丈夫?
叶
…分かんない(笑)
上原悠希
上原悠希
……
ふいに、悠希に頭を撫でられた。
叶
え、はる…
上原悠希
上原悠希
俺がついてるから
叶
…え?
上原悠希
上原悠希
もし辛かったら、ちゃんと言ってよ
叶
…うん!ありがとう!
私が、精一杯の笑顔で笑うと、悠希も微笑んだ。





当日
料理の準備をしていると、悠希が家に入って来た。
上原悠希
上原悠希
どう?いけそう?
叶
ん~…まあ大体はね
すると、電話がかかって来た。
叶
ごめん、悠希スマホ取って
上原悠希
上原悠希
はい
叶
もしもし
お母さん
お母さん
あ、叶?
叶
うん
お母さん
お母さん
今からこっち出発するから、2時間くらいで着くと思うよ
叶
分かりました
お母さん
お母さん
じゃあ後でね
そう言って、電話が切れた。
叶
あと2時間くらいで着くって
上原悠希
上原悠希
そっか
叶
……
急に、身体中を震えが襲った。
やっぱり怖いんだ…
上原悠希
上原悠希
…お母さん、そんなに怖い人じゃないよ
叶
…でも、会うのも10年ぶりくらいだし
上原悠希
上原悠希
…でもさ、本当に叶のこと家族だと思ってなかったら、わざわざ会いに来ないし、電話もかけないじゃん
叶
…そうなのかな?
上原悠希
上原悠希
…俺は、見守ってるから…叶、頑張れ
悠希のその言葉で、今までの不安が軽くなった気がした。
叶
…ありがとう
大丈夫、私を産んでくれた人なんだから。
悠希のために頑張るよ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ななつき✒低浮上
ななつき✒低浮上
ななつきです! 8/2に始めました! 🍀🍄🍯 ハムスター村 恋愛小説が多いです! よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る