無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

気持ち(叶&悠希&結菜)
夜、私は布団の準備をする。
紺野結菜
紺野結菜
あ~、お風呂さっぱりした~!
あ、叶ありがとう~!
叶
うん、あのさ、私今からちょっと出掛けてくるね。
牛乳買ってくる。
先に寝てて。
紺野結菜
紺野結菜
え、こんな夜に買いに行くの?
一人じゃ危ないよ
叶
大丈夫、まだ9時だし。
何かあったらすぐ電話するから。
紺野結菜
紺野結菜
そう?
気を付けて行ってきてね!
叶
うん!
私は、結菜に見送られて家を出た。
近くのスーパーで、買い物を済ませて、家に帰ろうとした。
??
ねーねー
君何歳?
俺と遊ばない?
見知らぬ男の人に声をかけられた。
叶
…急いでるので
??
そんなこと言っちゃっていいの?
私が歩いて行こうとすると、男の人に腕を掴まれた。
??
ただで帰すと思った?
叶
やめてください
振りほどこうとしても、力が強くて、全然振りほどけない。
恐怖で泣きそうになったその時…
上原悠希
上原悠希
叶!
叶
はる、き…
悠希が、あっという間に振りほどいてくれた。
上原悠希
上原悠希
次こいつに手出したら許さねーからな
悠希が男の人を睨み付けた。
??
…ご、ごめんなさ~い!
男の人は、悠希の怖さに絶叫したのか、泣きながら走り去った。
上原悠希
上原悠希
叶、大丈夫か?
叶
…悠希~
私は、今になって涙が出てきた。
上原悠希
上原悠希
怖かったな
悠希が、私の頭を優しく撫でてくれた。

…悠希ってこんなに男らしかったっけ?
叶
…悠希ありがと
上原悠希
上原悠希
急にどうしたんだよ(笑)
…もっと好きになっちゃうよ。
上原悠希
上原悠希
俺が守ってやるからな
叶
ありがとう!
私は、気持ちを隠すように、笑った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ななつき✒低浮上
ななつき✒低浮上
ななつきです! 8/2に始めました! 🍀🍄🍯 ハムスター村 恋愛小説が多いです! よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る