無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

真実(叶&お母さん&悠希&結菜)
お母さん
お母さん
ただいま~、叶久しぶり~
悠希が自分の家に帰って行って、数時間後、お母さんが帰って来た。
叶
おかえり
お母さん
お母さん
何年ぶり?めちゃくちゃ顔が大人っぽくなってるじゃん
叶
そりゃ、4歳くらいから会ってないもん
お母さん
お母さん
じゃあ10年ぶりくらいか~
自炊してたの?
叶
うん、おかげで今日頑張って作ったし
お母さん
お母さん
おー、本当上手ね~
叶
お父さんは?
お母さん
お母さん
あー…実は言いそびれてたんだけど、…離婚したの
叶
えっ…
お母さん
お母さん
ちょうど4年前にね
叶
なんで今まで…
お母さん
お母さん
こういう話は直接言った方がいいと思ってね
なかなか来れなかったけど
叶
…そっか
お母さん
お母さん
あんまり気にしなくていいから
叶
うん…ご飯食べよ!
私は、話をそらすべく、ご飯の準備を始めた。
お母さん
お母さん
そういえばさ、悠希くん元気?
叶
えっ?
お母さん
お母さん
ちっちゃい頃さ、私が帰って来ては悠希くんの話してさ~
必死に話してるとこがもう面白くて…(笑)
叶
え⁉
そんな恥ずかしい幼少時代を送っていたとは…。
お母さん
お母さん
まだ悠希くんのこと好き?(笑)
叶
…分かってて聞いてるでしょ
お母さん
お母さん
あはは、バレた?(笑)
叶
もう!
その後数時間話してから、お母さんは帰って行った。
叶
…あれ、そんなに怖くなかった…?
上原悠希
上原悠希
俺が言った通りだっただろ?
叶
わっ!
上原悠希
上原悠希
そんな驚く?(笑)
叶
急に出てきたし…
上原悠希
上原悠希
急にじゃないよ
叶
え?
上原悠希
上原悠希
心配になったから、見に行ったら、叶のお母さんが家から出てきて、叶と話してるの見えたから、様子伺ってたんだよ
叶のお母さんは普通に気づいてたけど
叶
え…全然気づかなかった
上原悠希
上原悠希
俺ってそんなに存在感薄い?(笑)
叶
いや全然!
叶
私の中では大きな存在だし、悠希がいなかったら今頃お母さんと仲直り出来なかったよ!
…あ。
夢中になりすぎた。
上原悠希
上原悠希
…そっか(笑)
上原悠希
上原悠希
冗談で言ったつもりだったんだけど、そこまで言われると嬉しいな
叶
…好きな人だから
上原悠希
上原悠希
……あのさ
上原悠希
上原悠希
この前の告白の返事なん…
紺野結菜
紺野結菜
叶~!
叶
え、結菜?どうしたの?
紺野結菜
紺野結菜
やっぱりさ、家に一人は寂しくて、来ちゃったんだけど、もうお母さん帰った?
叶
あー、うん
叶
悠希?さっきの話なんだった?
上原悠希
上原悠希
…やっぱりなんでもない
叶
そう?
上原悠希
上原悠希
…うん
ちょっと心残りあるけど、悠希がなんでもないんだったら、これ以上聞く必要はないよね。
私と悠希と結菜は、家に入った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ななつき✒低浮上
ななつき✒低浮上
ななつきです! 8/2に始めました! 🍀🍄🍯 ハムスター村 恋愛小説が多いです! よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る