無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

.





事前に “BTS” の事は調べておき














顔を化かして ←











【bighig】 という所へ向かった 。









自慢の車を 運転 しながら走ること 約 30分
you
you
         ついた ー、!      








いや、でけえな ←












そう思いながら 壁にあるインターホンを押した