無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

31
2021/05/12

第15話

14話
なんとなく湿っぽい空気に触れられて朝目を覚ました。
薔薇
薔薇
ん…あれ、
いつもの部屋じゃない。どこだここは……
空也
空也
あ…、おはよ、ばらちゃん。
横から空也くんの声。そうだ、旅しに来てたんだ。
それで今日は確か聖地?にいくんだっけか。
空也
空也
んー…ばらちゃん…ここどこぉ…
とか言って空也くんがすり寄ってくる。
空也くんはまじで。ほんとにほんとに寝起きが悪い。
薔薇
薔薇
ちょ…タクラさんのお家だよ?んで今日は聖地でしょ?ちがう?
空也くんは朝ほぼ100%寝ぼけている。
普段は博識なキツネみたいな感じだけど朝は甘えた猫みたいだ。
空也
空也
あー…おぼえてない…
薔薇
薔薇
ちょ空也もうそろそろ起きなさい!!!
めんどくさくなってきたので母のように思いっきりビンタして起こす。
空也
空也
い゛っっ!?…あ、おはよー、
薔薇
薔薇
ほら今日は聖地だよ!?タクラさんが案内してくれるんだよね!?楽しみ!!
空也
空也
あーうん、そうだ…もうちょっと静かに喋れ。うるさい。
口を噤みつつ、二人でタクラさんのところへ向かう。
タクラ
タクラ
おぉ、起きたか。おはよう。
空也
空也
あ、おはようございます。聖地でしたっけ。連れて行って貰っても良いですか?
タクラ
タクラ
良いぞ。さて…とっ、行くか…ぁ、
タクラさんがよろめいて倒れそうになる。
薔薇
薔薇
ちょ!?大丈夫ですか!?
タクラ
タクラ
だ、大丈夫じゃ。あ、これ持ってき。行く途中に食べるからの。
と言っておにぎりをくれる。見た感じ具は昆布か。
空也
空也
あ、ありがとう、ございます…
タクラ
タクラ
さて、行くとするか…付いて来てな。
と言い、杖を持って歩いていく。
薔薇
薔薇
え、近いんですか?
タクラ
タクラ
あぁ…ここから歩いて2時間くらいかのぉ…
薔薇
薔薇
…え?