無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

偶然11

















いやあ朝からダッシュはきつい












流石の私でもきつい。ぼっち登校してる私でもきつい(関係ない)




















そーんなことを思いながら教室に向かう。











教室に向かう途中、人気のないところでキスしてるカップルが居たので「はは、イチャつくのは家でしてくださーい、ここから丸見えですよー」とだけ言いもう一度教室に足を進めた。


















え、なんなの?この高校はカップルがおおいの?え、?















だったら転校したいんだけど















「おはよ((ギュ」












『うん、おはよ。どうしてかな、どうしてバックハグをするのかな"国見"よ』











距離感バグってるんじゃない







挨拶と同時にバックハグなんて、いや、アメリカでは当たり前の事なのか?












ここは日本だぞ!アメリカではなあああいぞ!









国見「え、何が」






『はは私達はカップルかい?違うだろ?』











国見「うん、違う」





『バックハグと云うのはカップル同士がやるやつなんだよ。分かっただろ、てことで早くどけ』







肩を上下に動かす。












国見「ちぇ……」





と言いながら離れていく国見














何が"ちぇ"なんだ










でもなんでだろ、国見に全くドキドキしなかった______













next→→→