無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第17話

偶然16
























____________


______





















及川「あなたちゃん!どーだった?どーだった??」










『いや、どーだった?と聞かれましても。バレーのルールとか知らないですし』







及川「じゃあこのおいかーさんが教えてあげよう」











私達は今、下校中だ。おいかー先輩、岩泉先輩と帰っている、のだが、おいかー先輩にやたらと絡まれるんですが!?













『…はは、断固拒否します』







及川「あれ、デジャブ感じるんだけど」







岩泉「おい、クソかわあなた困ってるだろ」











おい「ねぇ岩ちゃんヒドイ!クソかわだなんて!」









『おいかー先輩、しゃァないですよ((ポン』





私は及川さんの肩に手を置き哀れんだ目で言った。









及川「何が仕方ないのさ!其れとそんな哀れみの目で観ないでよッ」









『………』






及川「いや、無言は辞めて?!」










『……あ…?』






及川「そぉぉおおじゃなあああい!!!」









ん、どゆこと???(





























next→→→