無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

偶然14



















国見「それで、朝から食べたの?ピザ」







『もちろん。おかーちゃんったら私が1口食べる食べに美味しいか聞いてくるんだから。朝から美味しいって言葉何回ゆったか分からないよ』










国見「よく毎日耐えられるね。俺だったら無理」(酷い(()








『私は…慣れたから、物心着いた時からそうだったから其れがふつーって感じよ』









国見「なるほど」







『国見のところのかーちゃんは?どうなの』













国見「俺の所は普通だよ。普通が何か分からないけどね。朝は基本的に和食だしさ」









『朝から和食……。いいなぁ、朝からは半年前くらいかな。食べたの』
















国見「え、何食べてんの」





『急に言われてもそんな思いつかないんだけどなあ。……んー、唐揚げとか今日みたいなピザとか?うーん、、あ!いっちばん驚いたのがサンドウィッチだった!!』











国見「サンドウィッチって普通じゃね」








『そうなの?私の家では片手で数えれるくらいしか出てきたことない。おかーちゃんが頑なに嫌がるから』















やっぱうちのかーちゃんは変わってる…!?(今更)

















next→→→