無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

あまちゅRあり
前回の作品の続きです!!
てか、途中からです!!

あなたさんが寝て、あまちゅが

天月
天月
あなた...。好きだよ
って言った所あたりからです!!
それではどうぞ!!



――――――――――――――――――――
天月
天月
あなた...好きだよ...?
(´∀`*)ウフフ可愛い寝顔だな...
You❤
You❤
んー。/////
天月
天月
??もしかして...あなた起きてる?
You❤
You❤
き、緊張して寝れなくて.../////
天月
天月
かーわい(*^^*)
それって...。煽ってんだよね?
カプっ(耳を噛まれる)
You❤
You❤
煽ってなっっ/////んかぁ...。

ないっっよ/////ぉぉ.../////
天月
天月
そーかそーか、耳弱いんだぁぁ...(耳元で
You❤
You❤
ふぁぁ.../////やめてぇ?

み...み/////やっだぁぁ/////
天月
天月
胸...触るよ?
You❤
You❤
ふぇ?
ムニムニ
天月
天月
え...あなた...こんなとこ勃たせて...。

興奮してるの?(にこっ
You❤
You❤
してなっああぁぁぁん/////
えっ。イッちゃった...//////////
天月
天月
わぁ。すっごい出てる。
イッちゃった...ね...?(イケボ

ほぐすよ。
私のイッたものを指に絡みつけて
私の穴にいれてきた
You❤
You❤
プツッ)
ひゃっ/////
天月
天月
久しぶりだもんね(´˘`*)
キツキツだよ〜ふふ
いきなり指を奥までいれてきた
You❤
You❤
ひゃっあぁぁぁぁ//////////
天月
天月
おーさっきより出てる...。
ねぇ、もう俺も限界...
そう言うから見てみたら
テントのようにズボンが張っていた
天月
天月
い...いれるよ...
ゆぅっっくりいれてくる。
ゆっくりだから我慢出来るはずなのに
あまちゅが胸の勃起を触ってくるからさらに感じてしまう
You❤
You❤
むぅねっ!!やぁだぁ/////
するといきなり奥にあまちゅのあまちゅがきた
You❤
You❤
えっうぅわぁん/////
ひゃっ/////ああぁぁぁん/////
またイッてしまった...。
天月
天月
あ/////
ちょっと!/////
締めないで.../////
っっはっっ/////
You❤
You❤
ひゃゃん.../////
あまちゅのが流れてくる.../////
カクッ
天月
天月
あ、あなた寝てる...。
You❤
You❤
あま...ちゃ...。。。

すき...だ...よ.....。。Zzzzz…
天月
天月
///////////////
(可愛すぎるこの生物)
あなたおやすみ(●︎´▽︎`●︎)
――――――――――――――――――――


はい。いきなり切るのが私の特技...(。 ・`ω・´) キラン☆


はい。前回の時もこうやってきりましたね。

すいません。

切り方が下手くそなんっすよ。
許してちょんまげ❤←ほんとにすいません


リクエスト待ってます!!

ご視聴ありがとうございました。
ペコリ((・ω・)_ _))

では!!さらば!!