第30話

菅原
菅原孝支
……やっぱなんでもない!
なんか話すんべ!
旭のビビリな話するー?
あなた

……?

孤爪研磨
孤爪研磨
…あっ…
そう言ってスガさんは頭を撫でてくれた
菅原孝支
……大丈夫!
普段は黒尾でも研磨でもいいけど、今は俺に守られてて。な?
菅原孝支
…じゃあさ……
菅原孝支
……まだギスギスしてんの?
孤爪研磨
孤爪研磨
ハイ…
あなた

…私の意地っ張りもあります…

菅原孝支
1人に必ず1人はつかないと。な?
菅原孝支
……(察して)
今は俺がいるから大丈夫。
白福さんどうした?
練習終わり、木兎さんとクロが何故か集合をかけた
黒尾鉄朗
えー。コホンせーの
黒尾鉄朗
肝試しをしたい!
木兎光太郎
肝試しをしたい!
孤爪研磨
孤爪研磨
…何言ってんの…
月島蛍
こんな所にお化けなんか出るわけ
黒尾鉄朗
まあまあ落ち着けって!
月島蛍
……ソウデスネ
木兎光太郎
くじ引きで一緒に回る人決めよう!
みんな異論を唱えながら引いた
研磨は白福さんとペア
コミュ障人見知り発揮してる…
クロは谷地ちゃんと。
こっちは果敢に話しかけ過ぎて変質者みたい…
そして私は…
すがさんと
菅原孝支
俺で大丈夫だった?
あなた

逆に菅原さんで良かったです…笑

黒尾鉄朗
どーゆー意味ですかー
あなた

変質者は黙っていてください(ニコ)
谷地ちゃん、やばかったら言ってね、!

菅原孝支
黒尾にだけ当たり強くねーか?笑
あなた

幼なじみですし、ヤバい奴なんで…笑

黒尾鉄朗
聞こえてますー
木兎光太郎
みんな行くぞー!
最初に行ったのは木兎日向の師弟コンビだった
最初はノリノリだったものの…

後々中から助けを求める声が聞こえてきた。
その間もぞろぞろと進んでいく。
菅原孝支
緊張してんの?
あなた

私、こーゆーの無理で…

菅原孝支
あー雷だめなんだっけ
あなた

……

菅原孝支
俺にも言えない感じか?
あなた

聞いて、くれるんですか?

菅原孝支
もちろんだべや!
あなた

じゃあ……

私は話し始めた

私が宮城に行って程無い頃。
父は死んだ

父は大手電力会社の上層部だった
父が仙台支部の主任を任されたとかで東京、音駒から宮城へと家族で引っ越した。
主任直々に電波塔を視察する仕事があったらしい。
父が電波塔に登っている時
不運にもそこへ雷が落ちた
その日荒れ狂う雷に底知れぬ恐怖を抱いた

それは次の日のニュース番組で取り上げられた
私と母は父の命が失われる
その瞬間を
ニュース番組で目の当たりにした

葬式は行われた
しかし、肉が残っていない。
筋肉などは黒焦げだった
なので死んでしまった父の顔も拝めなかった

次の日から私は雷の日には痙攣を起こしたりしてしまう体になってしまった










スガさんはとても落ち着いて話を聞いてくれた
私は話している間にだいぶ進んでいたことに気がついた。ゴールは目前
その時
あなた

暗い…!?

菅原孝支
停電かな…
あなた

嫌…助けて、研磨、クロ…

孤爪研磨
孤爪研磨
……!
あなた!
あなた

……研磨…

あなた

…何ですかそれ笑
ちょっと気になります笑















「じゃあさ、俺を彼氏にしない?」
言いかけてとどまった
だって俺は先輩だから






後輩の幸せを見守らなきゃ






















はい!
最近ずっと絵書いててですね〜
あとツイステを進めててですね…
小説更新激遅!
頑張ります……笑
ヒロアカの方が現在クライマックスでして!
そちらが終わったらツイステのやつ書こうかなーとか思ってます笑
ヒロアカめっちゃ頑張ってるんで、見て頂けたら嬉しいです……!
その前にハイキュー進めなきゃですね笑
早く合宿終わらせましょう!
次回で終わりにします!
この回伏線張ったんで、これからお楽しみに!
です!では!次回も乞うご期待!