第2話

#1 けんまとくろ
あなたが小学生だった頃。私のミニバスチームと研磨とクロのバレーチームは隣のコートで練習をしていた。
研磨と同い年、クロが1個上。家も近所で、私と研磨、クロの家族は自動的に仲が良かった。
黒尾鉄朗
けんま〜あなた〜かえるぞ〜
あなた

うん、そうだね

孤爪研磨
孤爪研磨
ん…
黒尾鉄朗
けんまのあのぷれーよかったぞ!
孤爪研磨
孤爪研磨
くろこそ、ないす。
あなた

となりのこーとからみてたけど、かっこよかったよ

孤爪研磨
孤爪研磨
…(照
黒尾鉄朗
ありがと、けんまもすなおによろこべよー、
そんな、他愛もない会話をしながら平日は登下校、休日は市営体育館まで一緒に行っていた。
こんな日々がいつまでも続く。私たちを乗せた電車のこの線路はどこまでも続いている。そう、信じて疑わなかった。





そんな、ある日。
あなた

ただいま。

お母さん
お母さん
おかえり、あなた。
大変なことになったわ。
あなた

そんなにあせってどうしたの?

お母さん
お母さん
お父さんの転勤が決まって、引っ越さなくちゃいけなくなったの。
あなた

…!
そんなこと、きゅうにいわれても…

お母さん
お母さん
あと2ヶ月…
5年生になったら、宮城の小学校に転校するの…
あなた

みやぎ…?!
そんな…

お母さん
お母さん
あと2ヶ月、未練ないようにしておいてね…
ごめんね、あなた…
でもこれは仕方ないのよ…
ごめんね…
感情の整理ができなかった。
クロと研磨と離れたくなかった。









1人になりたくてその場を飛び出した。




部屋に戻ると、キッズケータイのディスプレイが研磨の名前を表示していた。


研磨からの電話だった。
孤爪研磨
孤爪研磨
あなた…?
げーむしよ…
あなた

うん、そうだね。
なににする?
まいくら?こうや?すまぶら?

孤爪研磨
孤爪研磨
…すまぶらにしよ。
あなた

わかった。
じゃあいまからそっちいくね

孤爪研磨
孤爪研磨
うん…
…ねぇ、
あなた

どうしたの?

孤爪研磨
孤爪研磨
…やっぱなんでもないや
いつも通り、コントローラーとカセットを持って研磨の家のドアを叩いた。
私は清楚で趣味はアロマキャンドル作り。
好きな食べ物はローズヒップティー



…ということにしている。
研磨とクロの前以外は。
ほんとはゲームと少年ジャンプと恋愛ドラマが大好きな小学校だった。それをさらけ出せるのは研磨とクロの前だけだった。
(高二になった今思うと小四で趣味はアロマキャンドル作り、好きな食べ物がローズヒップティーなんてませすぎていていやになるが、)
あなた

おじゃまします、

孤爪研磨
孤爪研磨
あ、来た。はやくやろ。
孤爪研磨
孤爪研磨
…どうした…?
めのまわりあかいよ。
あなた

え、?!
あ、ごめん、きにしないで、なんでもないから

いつも通り、研磨はゲッコウガ、私はパルテナを選んだ。
研磨とクロと出会ってから4年間、研磨はゲッコウガ、私はパルテナ、クロはワリオ。変わらない。でも、あと2ヶ月で変わる。



とても静か。
お互いにゲーム中は静かにプレイしたいタイプだからとても楽だった。まあクロが来たら一瞬でうるさくなるけどな。
この夕ご飯までの時間、一緒にゲームするのがとても好き。
でも、終わってしまう。
孤爪研磨
孤爪研磨
よっし。まずはいっしょう
あなた

まけちゃったか…
でもあそこでとんでうちこんどけばよかったな。よし、2しあいめやろ。

孤爪研磨
孤爪研磨
…やっぱあなたおかしい。かえりはへんじゃなかった…
…いえでなんかあった?
あなた

孤爪研磨
孤爪研磨
…言ってくれないの?
研磨に覗きこまれた。
しんみりした雰囲気にしたくなくて、黙っておこうと思ってた。
でも、口から言葉が溢れてた。


私はお母さんに言われたことを全て話した。
孤爪研磨
孤爪研磨
…つらいね。
おれもつらい。
普段あまり感情を表に出さない研磨が悲しみを言ってくれたことが、嬉しかった
あなた

…あとにかげつのあいだ、なかよくして。
そしたら、忘れてくれていいから…

次の瞬間、研磨が私に抱きついてきた。
孤爪研磨
孤爪研磨
わすれるわけないじゃん。
むりだよ。はつこいのあいてなんだから。
あなた

…え、

孤爪研磨
孤爪研磨
……ずっといわないようにしとこっておもってたのに。
あなた

け、けんま…?

私は恋愛ドラマは好きで、恋に憧れてたけど、恋が何がよく分かってなかった。
孤爪研磨
孤爪研磨
…べつにいいよ、へんじとかもとめてないし。
ただ、わすれることはぜったいないから。
あなた

…ありがと

あなた

…すきとか、よくわかんないけど、うれしいよ

孤爪研磨
孤爪研磨
…じゃあ、あなたがこいわかるようなおとなになったらむかえにいくから。
あなた

…楽しみにしてるね

夕焼けに照らされた研磨の部屋。
夕焼けに負けないくらい真っ赤になった研磨が私の肩にいる。
これは、私が頑張って見せていた恋愛ドラマに出てくるようなセリフを柄にもなく言ったからだろう。
私の顔も、きっと真っ赤。
赤が、2人を包んでいく。






















3月26日。
黒尾鉄朗
わすれねぇから、
クロは泣きすぎてとさかが濡れてる。
孤爪研磨
孤爪研磨
…やくそく、まもるからね
研磨は泣き顔を長めの黒髪で隠していた。
私ももちろん大号泣。
でも時間の流れには抗えない。
新幹線の発車ベルがなってしまった。
お母さん
お母さん
悲しいのはわかるけど、最後は笑顔でバイバイしよ、ね?
あなた

…うん…

私は無理なほほ笑みを浮かべて、新幹線に乗り込んだ。
2人の顔をちゃんと見ると、さらに涙が込み上げてきた。
新幹線車掌
ドアがしまりまぁす
ご注意くださぁい
ついに別れが来た。
私たちは、声を合わせて言った。







「またね」



































長かったですよね…ごめんなさい!
でもこの話、結構のちのち効いてきます♡
毎日更新できたらいいなー…
例のウイルス期間中は1日1話(2話以上の日もあるかも)あげるので、お楽しみに!
あなたさんと研磨、影山…どっちエンドなのでしょうか?
はたまたクロ、スガさん、ノヤさんの略奪なのか!?
まさかの木兎、赤葦、及川など、参戦してしまうのか!?
乞うご期待!
コメント待ってます♡♡
よろしければお気に入り登録して言ってください♡♡