第22話

#21 浴衣を探して
赤葦京治
そっか、いいと思うよ
じゃあ下駄とかも見に行こうか
赤葦京治
水色なんだから赤よりも寒色系でまとめた方がいいと思う。これとか。
あなた

…朝顔、かな

灰羽リエーフ
これどうすか?!
そんなこんなで近くのショッピングモールまで来てしまった。
黒尾鉄朗
え〜本日の設定金額は!
木兎光太郎
ドゥルルルルルルルルルルルルルルル
(ドラムロールのつもり)
黒尾鉄朗
1万5000円!3000円は負担します
あなた

太っ腹!

孤爪研磨
孤爪研磨
…罰ゲームなんだし3000円でも少ない
赤葦京治
そこは五千円くらい負担しましょうよ
あなた

そんな、いいよ

木兎光太郎
なー俺はらへったー
肉食いたい〜
孤爪研磨
孤爪研磨
…帰ってゲームしたい…
あなた

そうだ、イベント周回しなきゃ

灰羽リエーフ
トイレ行ってきていいっすか!?
赤葦京治
あなた、さっさと選ぼう
黒尾鉄朗
んんん!カオス!
主将さんも無理ですよこのカオスは!
てか木兎も主将だぞ!?
木兎光太郎
今部活じゃないし…
腹が減っては戦ができぬ!
飯いこ〜!
孤爪研磨
孤爪研磨
…じゃあ木兎さんとクロがご飯
おれとあなたと赤葦が浴衣
リエーフがトイレ。
…で、いいよね?
赤葦京治
うん、じゃあ行こう
黒尾鉄朗
おい待てお前ら!
なんで俺と木兎が飯なんだよ!
木兎光太郎
黒尾腹減った〜……
灰羽リエーフ
トイレ行ったらあなたさんのとこ行きますね!
孤爪研磨
孤爪研磨
リエーフはご飯の方行って
灰羽リエーフ
ええ!?
孤爪研磨
孤爪研磨
……行くよ、赤葦、あなた
あなた

うん、

赤葦京治
ここのショッピングモールは……
ここが季節物売り場だね。
三階。
いつの間にかフロアマップを持っていた赤葦くんが誘導する
そして私たちは三階へ
孤爪研磨
孤爪研磨
…赤葦用意周到すぎ…
赤葦京治
ほら、着いた
あなた

すごい、かわいい……

赤葦京治
これとか似合うんじゃない?
孤爪研磨
孤爪研磨
…あなたはこっち
赤葦が提示したのは白地に椿が咲いているもの
研磨が提示したのは水色に朝顔が咲いているもの
灰羽リエーフ
俺はこれがいいと思いますよー!
孤爪研磨
孤爪研磨
……リエーフ帰ってくるなり話めんどくさくしないで
リエーフくんが提示したのは幾何学模様の浴衣
あなた

それは、いちばん無いかな…

灰羽リエーフ
えー!
孤爪研磨
孤爪研磨
…どんまい
赤葦京治
じゃああなた、2つから決めて?
ただ浴衣で好きな方を選ぶだけ
でも何故か研磨と赤葦くんどちらがいいか選べと選択を迫られているような気がした
孤爪研磨
孤爪研磨
…切り替え早い…
…もっと悔しがってよ
赤葦くんに誘われて下駄や帯留め、かごバッグやかんざしを見て回る。
リエーフくんはことごとく的はずれである
赤葦くんのフォロー力とセンスには脱帽。
あれよあれよと揃えていくと、1万5000円に到達。
孤爪研磨
孤爪研磨
…じゃあ財布呼ぼ
しばらくすると…財布ならぬ黒尾鉄朗が登場
黒尾鉄朗
木兎食いすぎて腹壊したから放置した
赤葦京治
すみません…
結局料金は全てクロが払ってくれた
黒尾鉄朗
シューズ買い換えようと思ったのに…!
孤爪研磨
孤爪研磨
クロ、あつ森かって
黒尾鉄朗
は?!
孤爪研磨
孤爪研磨
…だめ?
黒尾鉄朗
…だめ
赤葦京治
じゃあ一回解散しましょう
灰羽リエーフ
じゃあ六時に黒尾さんちに集合で!
孤爪研磨
孤爪研磨
なんでリエーフくるの?
100点とってないよ
黒尾鉄朗
リエーフくんはお留守番でーす
孤爪研磨
孤爪研磨
…クロもね、?最下位だったじゃん
赤葦京治
じゃあ六時に孤爪の家行くね
俺は木兎さん処理してくる
そう言って赤葦くんは行った
私達も1度帰った
あなた

ここがこうで、ここを結べば…
よし、研磨、着れたよ

孤爪研磨
孤爪研磨
…!?(顔を赤くして)
あなた

どうかな…?

孤爪研磨
孤爪研磨
…可愛すぎ…赤葦に見せたくない…
その時、LINEが通知を知らせていた
赤葦京治
ごめん、木兎さんが祭りに行きたいってぐずったので木兎さんと行きます。二人で楽しんで
あなた

ええ…残念…

孤爪研磨
孤爪研磨
…良かった…
…赤葦に見られなくてすむ…
あなた

何それ、笑
…初デート、だね

孤爪研磨
孤爪研磨
…!(照)
おれ、浴衣着てくる…





























作者です!
最初は赤葦と研磨に祭りで取り合ってもらおうと思ったんですが…
研磨と付き合ってる気がしなくなって…笑
デートします!研磨と!
こちらはされたいことを綴ります笑
ヒロアカの方は系統をがらりと変えます!
どういう系統かって言われると言いづらいな…
最終回まで読めば分かるかと…
そんなに長くしないつもりなので、もしヒロアカに興味がおありでしたら、そちらも是非♡♡
こちらの小説はなんと!
いいねが200!
閲覧数6000!
ほんとにありがとうございます!
こちらも最終回を既に考えてあるので、そこに向かって突っ走りたいと想います!
これからも是非応援よろしくお願いします!