第3話

親玉を探す(1)
1,583
2020/09/30 13:47
ともか
ともか
早く、親玉を探さないとね。
凛
そうね。安心できないわ。
あけみ
あけみ
なんで、私だけ……
ともか
ともか
おっぱい大きいから?
凛
だね。
あけみ
あけみ
みんなだって大きいじゃない。
何も言えなくなる。
ともか
ともか
どこにいるのかしら?
すると、ウーと唸り声が。
あけみ
あけみ
あれって……
凛
近くにいるわね。
近くの教室を覗くと、女子生徒が裸にされ、あそこと口に触手を入れられていた。胸も触手に蹂躙され、汁が垂れている。
ともか
ともか
何てこと……
女子生徒はあそこに入れられた触手で中を擦られ、絶頂寸前だった。その時……
魔物
ウァ?
魔物がこちらに気づく。
ともか
ともか
ヤバい。気づかれた!
凛
逃げるよ!
あけみ
あけみ
待って!
魔物
待て。逃がさん。見た者、コロス。
後ろのあけみが捕まってしまう。
あけみ
あけみ
きゃあ!
ともか
ともか
あけみ!
凛
どうしよう?
あけみはずるずると引きずられて、ビリビリと服を破られ、乳首を吸われる。
あけみ
あけみ
あひぃん。やめてぇ。んああ。そんな吸ったら……
あけみはあそこから汁を垂らしている。触手があけみのあそこに近づく。
凛
見てられない!
凛が突入するが……
魔物
邪魔するな。お前も美味しそうだな。
触手が凛の服を破る。
凛
きゃあ!
魔物
その胸、イタダク。
触手が凛の乳首に吸い付く。
凛
んああ。吸われてるぅ。感じちゃう。
魔物
お前から、苗床にスル。
触手が凛のあそこに侵入、ズブッと奥まで入る。
凛
んはあ。痛い!
凛は両方責められ、陥落寸前。あそこから潮を吹いている。
凛
あひぃん。もう、ダメぇ。いっちゃう。いくぅ。
魔物
出すぞ。
触手は凛の中に胞子を放出する。
凛
あひぃー!いっくぅ!
凛はのけ反り達する。あのときのあけみと同じように、お腹が膨らむ。
魔物
これで良い。次はお前。
ともか
ともか
くっ。こんのぉ!
ともかが攻撃しようとするが、
魔物
何人来ても同じ。
とともかの服も破られる。
ともか
ともか
きゃあ!
魔物
三人とも苗床にスル。
触手がともかの乳首に吸い付く。
ともか
ともか
んはあ。あひぃん。
あけみ
あけみ
あひ。あひ。おっぱい感じすぎて、ダメぇ。いっちゃう。
魔物
入れてやる。
触手があけみのあそこに入る。
あけみ
あけみ
んああ。太い。
魔物
気持ち良くしてやろう。
触手が激しく動く。
あけみ
あけみ
ダメぇ。いっちゃう。いくぅ。
魔物
終わりだ。
触手から粘液が放たれる。あけみは二度、苗床にされた。
ともか
ともか
勝てないの、こいつに?
あけみたちは粘液でどろどろになった。

プリ小説オーディオドラマ