プリ小説

第6話

〈第一章〉4
(絵のテーマ、早く決めなきゃ……)
芽衣や佐々木より早く部活を切り上げた私は、トボトボと廊下を歩いていた。
1年生の教室の前に差しかかると、中からとっても楽しげな声が聞こえてきた。
チラッと教室内に目を走らせる。
数人の生徒が一ヶ所に集まって、昨年の綾城祭のパンフレットを手に何やら盛り上がっていた。
一年前の私も……あんな風に目をキラキラさせてたのかな……。
そう思うと、何だか妙に寂しい気持ちになった。
桜沢千代
桜沢千代
…………はぁ
靴に履き替え、校門に向かって歩きながらため息がこぼれる。
薄い春の雲に夕陽が映り込んで、辺りは焼けるように真っ赤だった。
何か上手く、歯車が嚙み合わない感じ。
ずっと探している人も見つからない。
そして肝心な絵の方も上手くいってるとは言えず、ヤル気だけが空回りしている状態。
こんな夕陽を見ていると、こういった漠然とした不安のようなものがどうしても胸に湧いてきてしまう。
桜沢千代
桜沢千代
……きゃっ
ボーッと考え事をしながら歩いていた私は、校門を出ようとした瞬間、どん! と誰かにぶつかってしまった。
ぐらっと体が傾きかけるのをなんとかその場で踏みとどまる。
けれど弾みで、持っていたスケッチブックを勢いよく地面に放り出してしまった。
彼
……大丈夫?
桜沢千代
桜沢千代
あ、す、すみませ……
彼
はい
ぶつかってしまった男子生徒がそれを拾って差し出してくれたので、あわてて頭を下げて受け取ろうとした、次の瞬間。
彼の手が視界に飛び込んできて、私は思わず息を飲んだ。
スケッチブックをつかむ、左手。
骨ばった、長くて綺麗な指。
そして手首には、特徴のある、モスグリーンにオレンジのラインが入ったベルトの腕時計────。
桜沢千代
桜沢千代
…………っ!
それは、この一年。
ずーっとずーっと探し続けて、何枚も何枚もスケッチブックに描き留めてきた……。
入学式の日に私を助けてくれた、あの人の手だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

角川ビーンズ文庫
角川ビーンズ文庫
【角川ビーンズ文庫は、毎月1日発売!】 角川ビーンズ文庫は2001年に創刊、今年で17周年を迎える小説文庫レーベルです。異世界ファンタジー、学園小説、恋愛、ミステリなど、ジャンルにとらわれることなく、ティーンからの女子向けエンタテイメント小説を刊行しています。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る