無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

〈第二章〉4
小林芽衣
小林芽衣
王子様が見つかった!?
佐々木拓斗
佐々木拓斗
王子様が見つかった!?
その日の放課後、美術室。
芽衣と佐々木に昨日の出来事を話すと、よほど驚いたのか二人は同時に叫んで目を丸くした。
周りで作業をしている他の生徒達にじろりとにらまれて、私達は慌てて小声になる。
桜沢千代
桜沢千代
ちょっと、あんまり大きな声出さないでよ
佐々木拓斗
佐々木拓斗
悪い。で、でも、見つかったって……マジで?
桜沢千代
桜沢千代
うん。……まぁ
小林芽衣
小林芽衣
何よー、よかったじゃん。それでなんでそんな浮かない顔してんのよ?
本来なら喜ぶべきことなのに、朝からずっと頭を抱えて悶絶している私を見て不思議に思ったのか、芽衣は小さく首を傾げた。
私は頰杖をつきながら、ハァッとため息をつく。
桜沢千代
桜沢千代
それが……。普通科の人……だったんだよね
「…………え」
二人は同時に動きを止め、眉をひそめた。
小林芽衣
小林芽衣
……普通科?
桜沢千代
桜沢千代
うん
小林芽衣
小林芽衣
え。なんで。だって……ネクタイ青だったんでしょ?
桜沢千代
桜沢千代
うん、そうなんだけど……。なんかワケありっぽくて……
昨日のことを思い出しながら、私は順を追って二人に彼と再会してからの一連の出来事を説明した。
小林芽衣
小林芽衣
じゃあその人……うちから普通科に転科した……って、こと?
話を聞き終えた芽衣が、困惑したように呟く。
その横で佐々木が何かに思い当たったように『あ……』と声を上げた。
佐々木拓斗
佐々木拓斗
そう言えば……ウワサで聞いたことあるな。隣のクラスの奴で、1年の初めに美術科から普通科に転科した生徒がいるって
桜沢千代
桜沢千代
えっ、ホントに!?
佐々木拓斗
佐々木拓斗
ああ。しかも中等科上がりで、結構実力もあったらしいって……
あごをつまんで話す佐々木の口元を見つめながら、私は再び彼のあのキレイな手を脳裏に思い浮かべていた。
彼が本当にそのウワサの人なら……私と同じように何らかの美術活動をしてた……って、こと?
しかも中等科から通うくらいの実力があったなんて……。
(え……。ちょっと待って。中等科から?)
頭の中で、何かがチカッと光った気がした。
ガタッと椅子を蹴るようにして立ち上がる。
二人がびっくりしたように私を見上げたのにも構わず、私はそのまま資料棚へと駆け出した。
(もしかして……もしかして……)
美術展関連の資料が並んでいる棚の前に立ち、私は深く息を吐く。
逸る気持ちが指を震えさせ、私は一度ぐっと拳を握りしめた。
(あった……!)
昨年度の中学校美術展のパンフレットを見つけて、私は急いでそれを棚から引き抜いた。
パラパラとページをめくって、受賞者一覧が載っている個所を探す。
そうして金賞を受賞した綾城中等科のページに行き当たった私は、大きく目を見開いた。
《楠瀬 晴》
受賞者である3年生一同の一覧の中に。
堂々とトップを飾って、その名前は記されていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

角川ビーンズ文庫
角川ビーンズ文庫
【角川ビーンズ文庫は、毎月1日発売!】 角川ビーンズ文庫は2001年に創刊、今年で17周年を迎える小説文庫レーベルです。異世界ファンタジー、学園小説、恋愛、ミステリなど、ジャンルにとらわれることなく、ティーンからの女子向けエンタテイメント小説を刊行しています。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る