プリ小説

第2話

#2
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
ここ暑い!
今、ナンタイ町に来ている
ナンタイ町はハルマナ町から歩いて、三時間のとこにある。
なぜここに来てるのかというと____
4時間前
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
ねぇ、世界征服は、いいんだけどさ、もっと経験積まなきゃいけないよ!
パルソナ町で,頑張って修行して来たけどさ,足りない気がする!
あなた
あなた
そうね。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
だから、モンスターを倒しに行こうよー。
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
モンスターか。
経験を積むには、スライムでも倒しにいけばいいんじゃないか?
あなた
あなた
スライムって何かしら?
マクト・ナムスチーナ
マクト・ナムスチーナ
私も知りません。
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
まー、知らないか。
スライムは、パルソナには、いなかったからな。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
で、スライムってなんなのー?
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
ゼリーみたいなモンスターだな。
まぁ、行ったほうが早い。
この近くでスライムがよく見れるところは、ナンタイだ。
じゃ、行くか。
こうして今に至る。
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
ああ、ナンタイは暑いんだ。
ナンタイの村長が、極度の寒がりらしくてな。
だから、暑いみたいだぞ。
あなた
あなた
迷惑ね…
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
だが、スライムにとって丁度良い。
あいつらは暑いところにいるからな。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
へー。
スライム
スライム
しゃぁー!
あなた
あなた
もしかして、これって…
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
スライムだな。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
か,かわいー!
仲間にしたい!
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
じゃあ、するか?
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
言っといてなんだけど、できるの?
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
まぁ、私にならできる。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
へー。そうなんだー。
お願いしまーす。
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
スライムよ。
仲間にならないか?
スライム
スライム
ふぁ?
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
だから、仲間。
スライム
スライム
うるるるるる!
ダントとスライムは見つめあって、静かになってしまった。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
これ大丈夫なのかな?
あなた
あなた
んー。
分からないわ。
ダントを信じましょう。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
そうだね。
三分ぐらいだった時、スライムが動いた。
スライム
スライム
きゅーう!
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
よし仲間になったぞ。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
な、何してたの?
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
ああ、スライムは、見つめあって、先に動いた方は、動かなかった人の、いうことを聞くんだ。
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
これは、あまり知られていない情報だ。
私は知ってるがな。
あなた
あなた
そうだったの。
スライム
スライム
きゅーう!きゅ!
かわいい…!
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
名前つけたい!
あなた
あなた
いいわね。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
んー。
なにがいい?あなた
あなた
あなた
きゅーとか?
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
いいねー、それにしよう!
今から君は、きゅーだ!
きゅー
きゅー
きゅー!
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
て、はっ!
あなた
あなた
どうしたの?
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
スライムを倒しに来たのに!
忘れてた!
あなた
あなた
あ…
忘れてた…
モンスター
ぐわああああああ!!!!!!
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
え!
あなた
あなた
なんか大きいの来たわ…
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
あー、こいつ。
強い奴だ。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
えええええええ。
マクト・ナムスチーナ
マクト・ナムスチーナ
落ち着いてください。
マクト久しぶりに出て来た…!
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
大丈夫なの?
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
なんとかなるはず。
マクト・ナムスチーナ
マクト・ナムスチーナ
やるしかないんですね。
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
そーゆーこと。
あなた
あなた
分かったわ。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
フゥラ!
ミチルが風の魔法を使う。
あなた
あなた
ビュレ。
私は、火の魔法を使う。
マクト・ナムスチーナ
マクト・ナムスチーナ
アンデュー。
マクトは、周りの闇を集めて、モンスターに、攻撃する。
モンスター
ぐうううううう!
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
やべ。
怒った。
あなた
あなた
嘘…!
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
逃げようよー。
あなた
あなた
でも…
きゅー
きゅー
きゅー!きゅー!
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
きゅーも頑張っててさ。
あなた
あなた
ええ。
グラントディア。
水の魔法を使う。
モンスター
ぐわああああ!
モンスターが攻撃してくる。
あなた
あなた
ハリビー!
間に合った。
ギリギリで攻撃を防ぐことができた。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
ありがとー。あなた
あなた
あなた
いーえ。
あなた
あなた
ファイアンティ!
人、水の魔法の合体魔法で、攻撃する。
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
ラウンハルク!
ミチルが敵を浮かせる。
モンスター
うおおおおお?
なにが起こってるか分からないみたい。
あなた
あなた
ごめんなさい。
あなた
あなた
シルティア。
わたしがいまもっているなかでいちばん強い魔法を使う。
モンスター
ぐはああああ!
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
やった…!
ミチル・アイルーナ
ミチル・アイルーナ
やったよ!あなた!
あなた
あなた
終わった…
ダント・カルミナ
ダント・カルミナ
あれ?
こいつ…
♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎
フゥラ→あまりの風をあつめて、攻撃する。

ビュレ→手で火を出して、相手の周りを火で囲む。

アンデュー→周りの闇(影など)を集めて、攻撃する。

グラントディア→水の柱を敵の周りに作り、一気に崩壊させる。

ハリビー→水で、バリアをする。

ファイアンティ→水と火の合体魔法。右手から火が、左手から水が出ている。

ラウンハルク→風の力で敵を浮かせる。

シルティア→火と水が人の形になり、敵を抱きしめながら、攻撃する。あなたの持っている中で一番強い。敵が亡くなると同時に消える。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

honey😁
honey😁
どーぞ よろしくです Honeyworks CHiCOwithHoneyworks comico が好きです 小説もお願いします。