無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

711
2021/09/26

第29話

規格外の人間は霊夢一人で十分なんだけどな
(なまえ)
あなた
それ?







そうして彼の視線の先を追って私達がみた先には











































存在を隠蔽していたはずの妖夢の半霊が漂っていた
魂魄妖夢
魂魄妖夢
ッッ!
(なまえ)
あなた
っ!
どこでしょうか?
魂魄妖夢
魂魄妖夢
何もいませんが?











私と妖夢はその言葉に少し反応したものの取り繕ってしらをきる









伏黒恵
伏黒恵
五条先生何をいってるんですか?
何もいないですよ
五条悟
五条悟
いーやいるね
僕の目にはそう映ってるからね
というか堂々と剣を持ちながら歩いててよく警察になにもいわれなかったね


















その言葉をを理解した瞬間妖夢は反射的に後方へ飛び距離をとり白桜剣を抜く
そして私は妖夢を庇うように前にでて元々自分の持っている刀を構える









(なまえ)
あなた
(鬼殺隊の人は人間を守るためにこの刀を使っているんだから人間相手に日輪刀を構えるようなことはしないほうがいいな、、、、、というか)
(なまえ)
あなた
はは、、、(完全にバレてるか~参ったな。)
魂魄妖夢
魂魄妖夢
何で、、、、
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
刀!?さっきまで持ってなかったでしょ!?
というかなんで刀を持ってるのに銃刀法違反で逮捕されてないの!?



















彼らの中にいた一人の女の子が声を上げるが私にはその声が耳に入らなかった
















何でなの?























ありえない。
そもそも本気でないとはいえかなり高度な隠蔽術を使ったはずなのに
その証拠にあの人以外に気づいた人はいなかった















私の隠蔽魔法を見破った、、、、。
下手したら妖夢や私の正体までばれている可能性がある










柱の方やお館様に正体を言ったのは下手に誤魔化すと後々面倒なことになりそうだったし、
元々鬼を人間に戻す薬を作るっていることを知っていたから
永琳を連れてきて協力させようとしていたようで
今回のタイミングがちょうどいいと思ったから
そしてそれを伝えることを紫が許可していたからなんだよね




















幻想の存在を無闇矢鱈に教えるわけにはいかないんだよね












そういえば目に映ってるとかいってたね。もしかして千里眼みたいな物かな?















何にせよ厄介だな




















それに薄々感づいてはいたけどこの人妖夢より断然強い
もしかしたらパチュリーよりも上かもしれない
ぱっと見て感じたことだから確証はないけど
こういう感は霊夢とはいかないけど当たるんだよな










五条悟
五条悟
君、それ呪霊じゃないでしょ。それに戦い慣れしてる雰囲気がしている。
それに気配が人間じゃない





















ははっここまでばれてるなんて本当に


























五条悟
五条悟
君達何者?
(なまえ)
あなた
、、、、、随分と規格外な人間がいたものね
五条悟
五条悟
そりゃどーも
魂魄妖夢
魂魄妖夢
どうするの?
(なまえ)
あなた
咲夜のを使うよ
魂魄妖夢
魂魄妖夢
!、、、、大丈夫なの
(なまえ)
あなた
なんとかしてみせるよ
五条悟
五条悟
2人とも
伏黒恵
伏黒恵
玉犬
ずるっ




玉犬 わんっ
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
、、、、。
すっ
ぼわっ(釘を構えて呪力を込める)
魂魄妖夢
魂魄妖夢
大丈夫?
(なまえ)
あなた
もちろん。『能力発動 十六夜咲夜の能力』


パチンッ







彼女が指を鳴らし能力を使った瞬間、世界はセピア色一色に染まる








(なまえ)
あなた
やっぱりまだこの感覚はなれないな
(なまえ)
あなた
さっさと逃げますか妖夢の能力だけ解除して、、、と
魂魄妖夢
魂魄妖夢
流石だねあなた
(なまえ)
あなた
当たり前よ
この空間が壊されないとも断言できないし、さっさと逃げよう
魂魄妖夢
魂魄妖夢
了解