無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
145
2020/10/07

第1話

捏造設定コピペ
【わかな】
マリクの義姉。
お伽と付き合ってるぽい
遊戯とは体の関係が長い
十代くんは最近惚れた
社長には唖然。
容姿は黒髪ロングの巨乳ちゃん


【マリク】
わかなの弟にてかなりのヤンデレ
攻撃的な面が多いが表人格のメンタルは紙
『僕も姉さんとヤりたい。』
『体で繋がっちゃダメ?』
『だって血は繋がってないでしょ?』
↑表
『主人格様だけにいい想いはさねぇぜ‥ククク』
『なら、消しちまえばいいんじゃねぇか?』

【御伽くん】
わかなの彼氏らしい。
が、もうじき破局しそう
『わ、わかなちゃんは僕の彼女だ!セフレの遊戯くんには負けないからな』

【遊戯】
闇の人格とは前世からの所縁のある相手。
常に上にたとうとする。
二番手古参 しかし体の繋がりの方がでかい
表としては杏子派だが
それは悟られないようにしてる。
『その決闘(裏3P)受けてたつぜ。』
『海馬。妄想は大概にしろ。』
『俺の勝ちだな』
『抗っても無駄だ。わかなの体はすでに俺のかたちになってる。そうだろ?』

【バクラ】
よく喫茶店で時間を潰してる
偶然会うと嬉しそうだが表はシャイ
裏人格はもうすこし攻め
『いいな、僕もあんな風にイチャイチャしたかったなぁ』表
『おいおい!諦めんじゃねぇよ!守ってばかりじゃ勝てねぇぜ!』←裏

【モクバ】
相手に恐れることはなく海馬のためにいろんな手伝いをしてる
『にい様がわかなをパーティーに招待したいんだって』

【海馬】
金にものをいわせて若菜の行動範囲の店は買い占めてる。だから突然来る。特技は妄想らしい。
いつも自信家で態度がでかい
闇遊戯と彼氏ポジの御伽に喧嘩売りすぎ
『フハハハ‥貴様ごときに彼氏は勤まらん。代われ』
『フハハ遊城。本当に体の関係だけで優勢だと思ってるのか?』
『俺はお前の体を満たす。妄想という特訓してきたからな。段取りは任せるがいい』

【城ノ内】
こーみえて外野であり常識人
揉め事があると勇気もって止めようとしてる
『おいおい、わかななんまたかけてるんだ。。。』

【十代】
すぐ市役所で婚姻届けを出したがる攻め
結婚にこだわってて勇敢のごとく攻める
浮気は気にしないが一番を目指して頑張ってる
順序を踏みたいという意味で一番の障害は御伽くんらしい
『結婚したら子供は二人ほしいぜ』
『ガッチャ!わかなのハートは俺が射止めるぜ★』←口癖ガッチャ!らしい

【遊星】
控えめな性格
遊戯さんと十代さんは尊敬
マリクには毒舌ぎみ?
敬語でぐさっといく 
『意外とメンタル弱いんですね』
『すいません。。』

【遊矢】
基本せめが弱い?
押しも弱く流されがち
受けの自覚はない受け?
ほぼメインのなかで最小年
『触られたら、なんか変な気分になるからっ』
『わかな、来たよ!』
『さすが十代さん。。』


★★★

別設定では遊城十代がメインで最近こっちばかり浮かぶ