無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
52
2020/12/14

第5話

結婚式の思想
十代
十代
結婚式かー予算は500万だな。
この日のために大会の賞金貯めてたからな〜
十代
十代
多いって言われちゃったけど
やっぱ一生に一度だからな
盛大にやりてぇ!
十代
十代
婚約指輪も用意しなきゃな!
十代
十代
寝てる間にこっそり測るか
翌日
十代
十代
よーし指輪はこれにしよう
花の形のエメラルド中心にダイアの花びらがついてる
高めの婚約指輪を買った
十代
十代
あなたはエメラルド好きだもんな
そして唐突にあなたに連絡した
十代
十代
なぁ、今からデートしない?
いいの?やったぁ!
じゃあいつもの東南口で待ち合わせな!
デートのオッケーを貰い
プロポーズする緊張感がでないようにしようと
思って意気込んでる
十代
十代
よし、着いた
まだかまだかとそわそわしてると
あなた

ごめん。遅くなった

十代
十代
いいよ。気にすんなって!
十代
十代
んじゃあ
最初はすぐ渡そうと思ってたのだがレストラン手配する前にそれがもう少しあとのほうが良さそうなので後の方にする
十代
十代
ウィンドウショッピングと
ゲーセン巡りどっちがいい?
あなた

んーしいていうならゲーセン巡りで

十代
十代
だよなぁ
聞くまでもなかったかと思った反応
あなた

プリクラ撮ろう!

十代
十代
お、おう
十代としてはプロポーズデートがこれでいいのか不安
あなた

よし、

あなたはプリクラの絵に
LOVEYouForever Love
ととにかく十代への愛を綴る

十代も愛してるぜ!

と紡ぐ

これも悪くはなかった
十代
十代
そろそろ暮れてきたしご飯食べようぜ
いい店予約したんだ
あなた

ほう

レストランは高級そうで夜景がきれいだった
食事が運ばれる合間と合間
十代
十代
あなた!結婚しよう
婚約指輪をあなたの手をとりはめる
あなた

うん!十代くん愛してる!

ひとまず成功である