無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

Ep.2
電車に乗ってその先もバスに乗り家から1時間。

初めて1人で校門の前に立つと一気に緊張感が襲ってくる。



あなた
はぁ…。
友達ちゃんとできるかな。



校門を少し入った所に大きな桜の木がある。

そよ風に揺られヒラヒラと落ちる花びら。

その木の下で「おはよう」と皆に挨拶をしている先生がいた…







阿部
阿部
おはよう♪
あなた
お、おはようございます。
阿部
阿部
ははっ。入学式って緊張するよね…。
でも絶対楽しい高校生活が待ってるよ♪
あなた
阿部
阿部
あっ!おはよう♪




他のみんなにも「おはよう♪」とキラキラに可愛い笑顔で声をかけている。

その時は名前もわからなかったけどキラキラとした笑顔がずっと頭から離れなかった。