無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

Ep.10💚
担任にはならなかったけどその子のクラスの数学の授業を担当することになり名前を知ることができた。

阿部
阿部
相川あなた…。


相川はあまり目立つ子ではなかった。

成績も悪くもないし良くもない中くらい。

自分で言うのもアレだけど女子に人気なのはわかっていたから授業中も質問の時も相川以外の女子が俺の周りに集まってくる。

相川のこと知りたいと思いながらも全く関わることが出来ないしそんなこと思っていることが先生としてダメだなって早いうちに気づいたから俺はそれ以来気にしないようにしていた。





でも…2年の担任発表の時俺の運命はガラリと変わった。
阿部
阿部
あ…
そこには彼女の名前があった。

あの時から封じ込めていた少しモヤモヤとしたこの気持ちがまた芽生えてきているのが自分でも分かった。

阿部
阿部
ダメだ。俺は先生なのに…。


全然関わって来なかった数百人いるうちの生徒1人。

名前を見ただけでクラスを受け持つことができるだけでこんなに気持ちが揺れるなんて。


阿部
阿部
…俺もまだ若いな。ははっ。


1人でした空笑いが職員室に静かに響いた…。