無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

Ep.8
何気なくニコッと向けられたその笑顔にドキドキとうるさい心臓の音…。

目の前にいる先生のことを見るのが何だか恥ずかしくなって私は目を逸らした。


学級委員
じゃあうちのクラスは
「1度しかない青春を楽しむ!」に
決定しまーす!


いつのまにかクラスで話し合いが進み
スローガンが決定した。

「1度しかない青春」か…。

勉強はもちろんのこと「恋」や「友情」も精一杯楽しむ。

そんな意味が込められていた。
阿部
阿部
いいねいいね♪青春だね〜!
3年になると受験で忙しいしさ
2年は修学旅行もあるから皆で楽しもうね♪


まるで一生徒とかのようにワクワクしている阿部先生にクラスの女の子たちザワついているのが分かる。

「ねぇ、先生ってさ彼女の前でもそんなに可愛いのー?笑」

あなた
彼女…


彼女というワードに無意識に反応してしまう。

そうか、そうだよね。

阿部先生優しいし可愛いし頭良いしモテるし彼女くらいいるよね。



阿部
阿部
彼女はいませーーん。
でももしいたらちゃんとするよ?
俺も男だからね。


「やば…。」

その答えにクラス中の女の子がやられたに違いない。案の定私もその中の1人で…。

それに気づいている先生はまたニコッとはにかんで軽く受け流していた。
阿部
阿部
ふふっ。ほらHR終わるよー。

「はーい。」

各々返事をした頃ちょうどチャイムが鳴った。

-キーンコーンカーンコーン🔔

阿部
阿部
ねぇ、ねぇ、相川。
今日の日直として1つ頼まれごとしてくれない?
あなた
あ…そうだ日直か…。
いいですよ。
阿部
阿部
良かったぁ〜。
じゃあ放課後職員室で!
あなた
はい。