無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

Ep.6
阿部
阿部
今俺の名前呼んだ?
あなた
うわっ!
阿部
阿部
うわって。笑
教室はいろはいろー!


後ろにいたのは阿部先生だった。

先生に言われ促されるまま教室に入る。

男女で1組ずつ出席番号順に並べられた私の席は左の一番前の席。

阿部先生を眺めるのにはここが一番の特等席だった。





クラスのみんなが揃いHRが始まる。
阿部
阿部
はーいみんなおはよ〜!
「おはよ〜!」

元々阿部先生のクラスだった子は慣れているのか「おはよ〜」と返していたのに対し私を含め初めての人達は少し戸惑いながら「おはようございます」と挨拶をする。
阿部
阿部
はははっ。朝の挨拶は元気がないとダメだよっ!明日からは元気にね♪
「阿部ちゃん可愛いー!笑」

「先生それあざといって言うんだよ?」

「俺も真似しようかな〜」

「お前はキモイ」

「なんでだよ」

周りがガヤガヤと話し出すと阿部先生は注意をした。
阿部
阿部
はいはい。静かにーっ🤫(シー
じゃあ出席とるよー!

先生が順番に名前を呼んでいく。

阿部
阿部
男子終わったから…次女子ね。
相川ー。相川あなたー?
あなた
はいっ。