無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

529
2021/07/27

第13話

リクエスト ロボ鬱
コウカ 二代目
コウカ 二代目
はいはい皆さん今回は
なんとー!
リクエストです!
コウカ 二代目
コウカ 二代目
夢空みどり@仕掛け魔さんが出してくれたよ!
えーとね🔞があるので頑張るね
コウカ 二代目
コウカ 二代目
じゃあ本編へ!
   ーーーーーー本編ーーーーーー
ゾム
ゾム
鬱〜〜!!!
鬱先生
鬱先生
はいはいどうしたんですかゾムさん
ゾム
ゾム
遊ぼぜ〜!
ロボロ
ロボロ
ゾム
ゾム
ゾム
ロボロ!
ロボロも遊ぼ!
ロボロ
ロボロ
ごめん俺ら用事あんねん
無理やは
ゾム
ゾム
そうなん?
じゃまた今度な!
鬱先生
鬱先生
そうだね
ロボロ
ロボロ
行こ鬱
鬱先生
鬱先生
あっ
ロボロ大先生の袖を掴み連れてった
ゾム
ゾム
…………
あっ
よく見ると大先生が何か怯えてる?
トントン
トントン
ゾム…書類やらんと飯抜きやぞ
ゾム
ゾム
まってぇ!?
飯抜きはヤダやるは!!






鬱視点
鬱先生
鬱先生
ロボロさん…?
ロボロ
ロボロ
なんや?
鬱先生
鬱先生
なんか怒ってる?
ロボロ
ロボロ
怒ってる
鬱先生
鬱先生
な…ナンデデスカネ?
ロボロ
ロボロ
わからんの?
鬱先生
鬱先生
うん
ロボロ
ロボロ
お前さ、昨日
出かけてたやん
鬱先生
鬱先生
でかけたね
ロボロ
ロボロ
で、あの女誰なん
鬱先生
鬱先生
友達やけど…
ロボロ
ロボロ
ほんま?
鬱先生
鬱先生
友達だからね
ロボロ
ロボロ
嘘やキスしてやん
鬱先生
鬱先生
ソンナコトナイ…
ロボロ
ロボロ
嘘言うんだったらお仕置きや
そう歩いてると鬱はようやくロボロの部屋の前だと気付いた
鬱先生
鬱先生
ろ…ろぼろぉ………?
部屋に入った瞬間ロボロは大先生をベッドへ突き飛ばした
鬱先生
鬱先生
待て待て待て待て
ロボロ
ロボロ
なんや黙っとれ
そうロボロは言って舌なめずりをする
そして大先生にまたがり大先生の服を脱がす
鬱先生
鬱先生
ゃだ……
ロボロ
ロボロ
浮気するお前が悪いんや

虚しく抵抗をする大先生をよそに
どんどん脱がしていく
鬱先生
鬱先生
浮気してへんのに…
ロボロ
ロボロ
ならあの女誰なんやキスまでして
鬱先生
鬱先生
友達だって……キスしゃなくてタバコに火ぃつけてただけや…
ロボロ
ロボロ
ライター貸せばよかったやんけ
鬱先生
鬱先生
思いつかなかった…
ロボロ
ロボロ
………っそ
鬱先生
鬱先生
ひぁっ!?
ロボロは大先生のアレを優しくなぞる
だんだんとなぞる力も強まり
なぞられた瞬間大先生は体を跳ねさせる
ロボロはその光景が楽しくて止めない
ロボロ
ロボロ
ンフフフフフw
滑稽やなぁ?w
鬱先生
鬱先生
やっ////待っ…んんっ////
ロボロ
ロボロ
なんやぁ?まだ足りひんか?
なら挿れよか?
鬱先生
鬱先生
ヤダぁ/////
ロボロ
ロボロ
ゾクッ
大先生そんな誘わんといてや…
そう言ったロボロが急に大先生のナカに
ロボロのアレを挿れた
鬱先生
鬱先生
んんんんんっ///////やらぁ/////
ロボロ
ロボロ
ンッフ
動かすで?
鬱先生
鬱先生
アッアッ//いたいのぉ//やめて//
ロボロ
ロボロ
あぁ……理性保てわ、

そうロボロは言って大先生は     







腰を殺った





  ーーーーーー切取りーーーーーー
コウカ 二代目
コウカ 二代目
はうどうでしたか?
よかったかな…
コウカ 二代目
コウカ 二代目
難しいしいねリクって
でも頑張ったよ
彪子
彪子
うぃ〜い
コウカ 二代目
コウカ 二代目
何故来た
彪子
彪子
おもろそうだったから
コウカ 二代目
コウカ 二代目
終わるよ?
彪子
彪子
ままっ!!
いいの!
コウカ 二代目
コウカ 二代目
じゃあ…
挨拶
彪子
彪子
おおおお!!
じゃあ!!!
またね!!
コウカ 二代目
コウカ 二代目
バイバイ