第4話

4
93
2021/02/24 09:54





彼の誕生日





私の2度目の失恋





それから丁度1ヶ月が経った頃





一通の通知が来た





晴人
晴人
この前はごめん。





嬉しさと





悲しさが





一気に涙となって出てきた





止まることを知らずに出続ける涙





ブロックされてなかったんだ、、、





誕生日の日に送ったLINEにも既読がつく





見てくれたんだ、、、





でもなんで?





なんで今日なの?





そう





交際がまだ続いていれば





今日は3年記念日の日だった





彼は





自分の誕生日の時に告白したかったのに
勇気が出なくて今日になっちゃった

待たせてごめんね

大好きだから、付き合って欲しい





電話でそう伝えてくれた





その言葉を聞いた時すごく嬉しくて





考えるよりも先に口が開いていた





もちろん

よろしくね





彼はこの日を狙ったんだろうか





私を苦しめたいんだろうか





(なまえ)
あなた
お仕事おつかれさま。





彼のLINEに合う返信はせず





ただ一言送ってLINEを閉じた



































































































あなたに別れを告げてから半年





今日は交際が続いていれば





俺らの3年記念日の日だった





朝起きて日付を確認して





あなたのLINEを開く





晴人
晴人
この前はごめん。





それだけ送った





どこまで行っても俺は最低なやつだ





この日を狙って


















































達也
達也
撮影するぞー!
太我
太我
あーい
晴人
晴人
うん、、、
太我
太我
お前テンション低くね?
達也
達也
太我
太我
太我
あ、ごめん、、、
晴人
晴人
いや、なんでもない!大丈夫!
達也
達也
おう
太我
太我
よし!ちゃっちゃと撮影終わらせて、達也くんのお金で焼肉でも食べに行こー!
晴人
晴人
よし!決まり!
達也
達也
おい‪w‪w‪w





2人は俺のことを考えてくれる





迷惑ばっかかけちゃうけど





ほんとに助かってる





焼肉ばんざい





































































































焼肉なんて久しぶりだな、、、





私は小学生時代からの友達である





窪田 正孝(くぼた まさたか)





と焼肉に来ている





正孝
正孝
あなた?
(なまえ)
あなた
ごめん!考え事!





正孝には昔からよく色々なことを相談していた





でも彼のことはなんとなく相談できずにいた





正孝
正孝
そう?
正孝
正孝
ならいいけど!
(なまえ)
あなた
ていうか、ここ高くない?
(なまえ)
あなた
正孝と違ってお金もってないんだけど?‪w‪w‪w





話題を変えるために笑いながらそんなことを言う





正孝
正孝
俺の奢りだから安心しな?‪w‪w‪w
(なまえ)
あなた
いや!いいって!冗談!
正孝
正孝
ううん!女の子に払わせるなんて
いやだからね!
(なまえ)
あなた
正孝からしたら私とか女の子じゃない‪w‪w‪w
正孝
正孝
立派な女の子です
(なまえ)
あなた
ありがとう‪w‪w‪w





正孝といると気が楽で





心地いい





正孝
正孝
何食べる?
(なまえ)
あなた
んー、正孝は?
正孝
正孝
これとこれかな!
(なまえ)
あなた
じゃあ私もそれで!
正孝
正孝
じゃあ注文しちゃうね?
(なまえ)
あなた
ありがと!


















































それから1時間ほど雑談をしながら食べ進めていると





正孝
正孝
んで、最近の恋愛はどうなの?
(なまえ)
あなた
へ?
正孝
正孝
最近忙しくて会えなかったじゃん?
正孝
正孝
だからなんかあるかなーって!
(なまえ)
あなた
いや、特には、、、
正孝
正孝
ふーん
(なまえ)
あなた
正孝は?
(なまえ)
あなた
例の好きな子とはどうなの?
正孝
正孝
鈍感すぎて気づいて貰えない‪w‪w‪w
(なまえ)
あなた
アピール下手なんじゃない?‪w‪w‪w
正孝
正孝
結構特別感出してるよ!?
(なまえ)
あなた
なら、もうストレートに伝えちゃうとか?
(なまえ)
あなた
何年くらい好きなんだっけ?
正孝
正孝
小1から今までだから、18年間?
(なまえ)
あなた
すごっ!!!
(なまえ)
あなた
もう告白するしかないじゃん!それ!
正孝
正孝
あなたに言われたらするしかないか〜
(なまえ)
あなた
そうそう!あなた様の助言!
正孝
正孝
うざいな、それ‪w‪w‪w
(なまえ)
あなた
まあ!がんばってよ!
正孝
正孝
うん!あなたもね?‪w‪w‪w
(なまえ)
あなた
私はいいの!

































































































撮影が終わって焼肉屋に着いた





晴人
晴人
おっしゃ〜!!!
太我
太我
達也くんの奢り〜!!!
達也
達也
わかったよ‪w‪w‪w
達也
達也
すいません!予約してた田口です!





店員さんが個室に案内してくれる





そのとき、太我が周りに聞こえないくらいの小さい声で





太我
太我
俺らの隣の個室に窪田正孝いね?





と言ってきた





達也
達也
ほんまやん!
達也
達也
鶴瓶さんの次は窪田さんか‪w‪w‪w





少し開いていたドアの隙間から見ると





確かに窪田正孝さんがいた





そして




晴人
晴人
あなた、、、?





あなたを見つけてしまった




個室に入った達也くんと太我は





窪田さんの話題で盛り上がっていた





達也
達也
どしたん?はる?
晴人
晴人
いや、窪田さんの向かい側にさ、、、
太我
太我
彼女らしき人でもいた?
晴人
晴人
あなたがいたんよ
達也
達也
え?





なんでここに、、、?

プリ小説オーディオドラマ